全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ライチョウ野生復帰の個体 中アで越冬、繁殖中 長野県

 中央アルプスの「ライチョウ復活作戦」で昨年夏に試みた野生復帰により、動物園から中ア駒ケ岳(2956メートル)へ空輸し放鳥した個体が、無事に越冬し繁殖している。中ア生まれのオスやメスとつがいを形成。早ければ月末にもヒナが誕生する見込みで、作戦を進める関係者が期待をかけ、見守っている。

 復活作戦を成功に導く切り札として初めて試みた野生復帰。天敵や悪天候からライチョウを守ることができる動物園で、安定的に数を増やした個体を山に戻す作戦だ。那須どうぶつ王国(栃木県)などでふ化し、育てたヒナと成鳥の計22羽を昨年8月にヘリコプターで運んでいた。

 越冬したライチョウは、作戦を指揮する信州大学名誉教授の中村浩志さん(76)が確認。生息数を調べる4月~5月中旬の調査結果をまとめた結果、動物園育ちの複数の個体の生存が分かった。ライチョウには足輪が付いていて、個体識別が可能だ。発見時には別のオスやメスを連れ添い、繁殖に入っていた。現在は卵を産み終え、温める「抱卵」をしているとみられる。

 野生復帰では、移送したヒナが自然繁殖し、中アの個体数増加に貢献した場合に”成功”と判断する。新たなヒナの誕生は確実で、中村さんは「初の作戦は成功したと言える。中央アルプスの生息数は確実に増えている」と手応えを口にした。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク