全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

県境またぎ反復横跳び 27人挑戦 見物客盛り上がる 鼠ケ関で世界大会 掛け声は「ヤマガタ!マンナカ!ニイガタ!」

 鶴岡市鼠ケ関にある本県と新潟県の県境で17日、「第1回境目で反復横跳び世界大会in羽越」が開かれた。子どもから大人まで参加者たちが「ヤマガタ!マンナカ!ニイガタ!」の掛け声とともに県境を反復横跳びし、点数を競った。

 温海地域で自然体験や環境教育プログラムの提供に取り組むNPO法人の自然体験温海コーディネット(本間洋一会長)の主催。1999(平成11)年から行われた市町村合併(平成の大合併)以来、隣接する自治体相互の交流の減少を受け、「境目を行ったり来たりしながら“見えない壁”を打ち破ろう」という発想から競技が生まれた。

 公式ルールは30秒の制限時間内に3本の線の上で反復横跳びをする。線幅は111センチで、全体の幅は222センチ。横跳びの際、線に足が触れていれば1ポイントが入る(ジャンプポイント)。各線をまたぐ時に県境で「マンナカ」、山形側で「ヤマガタ」、新潟側で「ニイガタ」と指定ワードを発する。地名を正確なタイミングではっきり言えれば1ポイント(シャウトポイント)。競技者は両ポイントの合計得点を競う。

 この日は前日の雨が上がり暑さを感じる好天となった。大会には山形、新潟の両県在住の8歳から60歳まで男女27人が出場。参加者を代表して泉倖太さん(鶴岡市ほなみ町)が「人口や自治体の減少に伴い、隣同士なのに見えない壁、心の壁が生まれてしまった。そんな状況を打破するため、私たち選手一同は全身全霊で反復横跳びする」と力強く選手宣誓し、午後2時に競技がスタートした。

 最初の挑戦者がこれまでの世界記録(104ポイント)を大きく上回る150ポイントを出すと、周囲の見物客からは大きなどよめきが起こった。その後も120~170点台が次々と飛び出し、1人の競技が終わるたびに見物客が大きな拍手を送っていた。

 最年少参加者で130点をマークした小野寺朝紀君(8)=京田小3年=は「練習ではジャンプポイントが50点ぐらいだったが、本番で65点を出せた。次は世界記録を狙いたい」と話していた。

参加者が「ヤマガタ!マンナカ!ニイガタ!」と連呼しながら県境を反復横跳びし、ポイントを競った

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク