全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「希望」の歌声響く

佐藤事務局長(左)の指導で合唱する参加者たち

 酒田市出身のシャンソン歌手、故岸洋子さん(1934―92年)の楽曲を広く歌い継いでいこうと今年5月に設立した同市の「岸洋子を歌いつぐ会」(高瀬靖会長)による初めての事業「七夕コンサート」が3日、同市の黒森小学校(岩本諒子校長、児童39人)で開かれ、同会事務局長を務める元音楽教師の佐藤喜和子さん(同市新橋四丁目)の指導で、全校児童らが「夜明けのうた」「希望」を合唱した。

 高瀬会長が代表の「かたりべ玉てばこ」(同市)は今年3月、「心をつなげよう歌の力」をテーマに「春の『玉てばこ』コンサート」と銘打ったコンサートを開催。本県に縁のある音楽家でつくるアンサンブル・ノエルの伴奏で、集まった市民約150人が「夜明けのうた」などを合唱した。

 同コンサート開催に奔走した高瀬会長、佐藤事務局長は「これからも岸さんの歌を歌い継いでいこう」と、岸さんの没後25年という節目に合わせて市民に呼び掛け、今年5月31日、「歌いつぐ会」を設立。会員は趣旨に賛同した10人ほど。

 岩本校長が同コンサートに参加していた縁で、「歌いつぐ会」として初の事業を同校で行った。この日は全校児童と教職員、地域住民計約50人が参加。佐藤事務局長が「中学生の時、テレビで岸さんの歌う姿を見て、びっくりした。音楽の先生になりたかったので、岸さんに憧れた」「岸さんはオペラ歌手になりたかった。膠原(こうげん)病という病のため他の出演者に迷惑が掛かるからと(一人で歌える)シャンソン歌手になった」などと話した後、「夜明けのうた」「希望」を指導。参加者全員でそれぞれ1番から3番まで音楽室内に歌声を響かせたほか、CDで岸さんの歌声を聴いた。

 児童の一人、5年の梅木大智君(10)は「声が響き、一言一言がはっきりしていてきれい」と感想。高瀬会長は「岸さんは、詩人の故吉野弘さんと並んで酒田の宝。市を挙げ、みんなで大切にしていかないといけない」と話した。

 佐藤事務局長によると、今月中旬には飛島中、若浜小でも同様のコンサートを開催する予定という。

関連記事

コロナ禍からの回復を 市観光交流協会が総会

 一般社団法人石垣市観光交流協会(会長・中山義隆市長、301人)は30日夕、2023年度第60回通常総会を市内ホテルで開き、22年度事業と23年度事業計画の報告などを通してコロナ禍からの観光回復に決意を新たに...

北羽新報社

中国木材、来年稼働の能代工場製材棟を公開

 製材最大手「中国木材」(広島県呉市)は30日、能代工業団地(能代市扇田)で建設を進める能代工場の「製材棟」を市、市議会、マスコミに公開した。東日本の基幹工場と位置づける国内六つ目の国産材生産拠...

釧路新聞社

乗り合い交通、今秋試行 根室市が公共交通計画【根室】

 【根室】市は30日、持続可能な公共交通の在り方をまとめた「根室市地域公共交通計画」は公表した。同計画に即した鉄路とバスの施策はすでに展開中で、いずれも好調な利用状況にあるという。秋にはタクシー・...

釧路新聞社

釧路ガス、昆布の森構想 ブルーカーボン西港で実証実験【釧路】

 ジャパンブルーカーボンプロジェクト(JBP、東京都、吉川京二代表)と釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は30日、釧路港の海域でコンブなどの海藻や海草を増やし、ブルーカーボンの力で脱炭素社会を目...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク