全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

積極的に女性消防士採用

訓練の様子を見学する愛知大学地域政策学部の学生ら(提供)

 国が女性の活躍を推進する中、豊橋市消防本部は女性消防士の採用に力を入れている。4月1日現在、市消防本部の消防士337人のうち女性は3・6%の12人。全国平均2・5%(2016年4月)より高く、「女性が活躍できる職場」として土壌が整っていることを生かし、人材確保に励む。  豊橋市は2001(平成13)年から女性の受け入れを始め、すでに妊娠・出産を経て復帰した女性消防士もいる。  県内のうち、名古屋市や豊田市など300人以上の職員を抱える自治体と比較しても、昨年4月で女性消防士の割合は最も高い。県内平均の1・9%とも開きがある。だが、愛知県警は8・1%(今年4月)と、はるかに高い。  女性消防士がいることで、女性傷病者を扱う際には相手に抵抗感を与えずに活動ができる上、子どもや高齢者、災害時の要支援者ら多様な住民への対応力の向上も期待される。  消防庁は2026(平成38)年度までに5%へ引き上げる目標を掲げる中、市消防本部の採用担当は「女性が活躍する職場としてリードしていきたい」と意気込む。  市消防本部は6月、中消防署で説明会を開いた。参加者64人のうち女性は11人。結婚や出産を経験した先輩女性消防士との懇談ブースでは、率直な意見が交わされた。  また、昨年は愛知大学地域政策学部と協力。学生が消防士に抱くイメージを調査し、PR動画やポスターを作った。  同大地域政策学部4年の小谷萌さん(21)ら学生16人がグループとなり、昨年7月、女性消防士の認知度や仕事への理解度を調べるアンケートを実施。  対象者は、愛大と豊橋技術科学大の学生887人(男性570人、女性317人)。女性が消防士として働いていることを知っているかの問いに、6割近い女子学生が「知らない」と回答。知っている人でも、女性が行う業務は現場より事務や広報のイメージが強いことが分かった。  また、女性消防士は「子育てがしにくい」と考えている女子学生が2割ほどおり、出産・子育て支援制度の周知が遅れている現状も浮き彫りになった。  この結果を踏まえ、火災や救急現場など、男性と変わらず活動する女性消防士の姿をふんだんに盛り込んだPR動画を作成し、公開した。  初めて作った女性消防士採用ポスターは、防火服を着た女性消防士のイラストを掲載。花の生産が盛んな豊橋市ならではの「この街で咲かせる。私の可能性。」というキャッチコピーは学生が考案した。  小谷さんは「小さい子たちが動画やポスターを見て、あこがれの思いを持ってもらえたら大満足です」と話す。  市消防本部の採用担当は「女性が消防士として活躍していることを知ってもらい、職業選択の一つとして考えてほしい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク