全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室の歩み かるたに シニアカレッジ

芽室の歴史や文化を学べる「めむろふるさといろはかるた」。右が佐野さん

 芽室町教委主催のシニアライフカレッジの第3期(2015~16年度)塾生(貫田正博塾生代表)が「めむろふるさといろはかるた」を制作した。芽室の歴史や自然、文化、産業を題材とし、楽しみながら芽室について学べる内容となっている。

 同カレッジは定年退職前後の人を対象に地域活動への参加や生きがいづくりの提供を目的に開催し、昨年3月で終了した。

 講座を通し芽室の歴史を学ぶ中で、成果物としてかるたを制作することに。塾生たちが読み札を考え、取り札は芽室西中の卒業生の佐々木美奈実さん、庄司優花さん、高齢者学級めむろ柏樹学園絵手紙クラブの中野春美さんの絵や、町が所有する写真を使った。

 「忘れない芽室大火の赤い空」「ビート載せ十鉄走れ汽車ぽっぽ」「ユニセフとWHOから『赤ちゃんに優しい病院』に認定 公立芽室病院」「高野極楽園かつてあった彫刻の森」など塾生たちが頭をひねった読み札からは“知られざる”芽室の歴史も学べる。読み札に合わせて描いた佐々木さんの水彩画などの取り札も力作がそろう。かるたの題字は町内の書家八重柏冬雷さんが揮ごうした。

 町教委生涯学習推進アドバイザーの佐野悦子さんは「芽室の歴史や自然には宝物がたくさんある。かるたでの遊びを通して知ってもらえたら」と話す。A4判とA6判の大小セットを町内小・中学校7校や子どもセンターなどに寄贈した。16日からは町中央公民館で展示する。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク