全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「感動」いつまでも ディープインパクトゲートお披露目 苫小牧ノーザンホースパーク

苫小牧市美沢のノーザンホースパーク(吉田勝己代表)は9日、新エリア「ディープインパクトゲート」の一般公開を始めた。中央競馬でG17勝を挙げた名馬ディープインパクト=以下ディープ=から着想を得たモニュメントを、イタリアを拠点に活動する彫刻家、安田侃(かん)氏=美唄市出身=が制作。8日に記念セレモニーなどが開かれ、関係者がディープの思い出を語り合った。

モニュメントを制作した安田氏(左)と吉田代表

 同パークの運営母体はディープを生産した安平町の牧場ノーザンファーム(同)。モニュメントの建築主はディープのオーナー金子真人氏で、ディープの子孫たちが駆ける放牧地を臨む場に設置した。白大理石でできた門状の「天聖(てんせい)」=高さ7・6メートル、幅6・5メートル=、緩やかな曲線美で鎮座する黒御影石の「意心帰(いしんき)」=高さ1・3メートル、幅2メートル=などで構成し、実際に触ることもできる。

 8日のセレモニーで金子氏は「この子(ディープ)が亡くなったときは大泣きしたくらい、心の中に残っている馬だ」と声を震わせた。金子氏から「ディープの思い出を形に」と制作の依頼を受けた安田氏は「この台座に座って子孫を見守り、ディープの感動を思い出せる空間になれば」と展望した。

 ディープの現役時代に手綱を取った武豊騎手も駆け付け「モニュメントに触れると、当時の思い出がよみがえってくる」と笑顔。「(ディープと)巡り合えたことは、僕の宝物。今でも沈んでいるときには、ディープが最後に走った有馬記念を見ると元気になれる」と感慨深げだった。

 吉田代表はあいさつで「すごく小さな馬で、強くなる気はしていなかったが、走ると空を飛ぶような馬だった」とディープの出生時から振り返り、新エリアに「馬に親しみを持ち、北海道の観光や馬を愛する人々の聖地になりそうだ」と強調。ディープファンで野球の日本代表・侍ジャパン前監督の栗山英樹氏や、安平(旧早来町)出身の橋本聖子参院議員も参加するなど、改めてディープの偉大さを再認識する記念行事となった。

関連記事

100年前に思いはせる 賢治ウオークに20人 苫小牧

詩人、童話作家宮沢賢治の来苫から21日で丸100年を迎えるのを前に18日、賢治が苫小牧で歩いた道をたどる「百年目の賢治ウオーク」が行われた。市民ら20人が参加。初夏の日差しが降り注ぐ中、当時の情景...

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク