全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

遠隔診療と地域交流実証実験 酒田市が山大、公益大、NTT東日本と協定 活性化図り健康寿命延伸につなぐ

 酒田市は2日、山形大学(山形市、玉手英利学長)、東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)、NTT東日本(本社・東京都、澁谷直樹社長)と「庄内地域における遠隔診療と地域コミュニティ形成に関する実証実験」協定を締結した。同市日向地区をモデル地区に、座るだけでバイタルデータが取得できる遠隔医療の新技術実証や、日向コミュニティセンターに有機EL(エレクトロルミネッセンス)の大型モニターを設置し、健康診断や遠隔地との交流など地域コミュニティ活性化を通じた健康寿命延伸の取り組みなどを行う。

 同市では、2021年10月から山形大とNTT東日本が共同で、常駐医師がいない同市飛島の飛島診療所と、日本海総合病院、松山診療所をリモートでつなぐ遠隔診療の実証実験を実施。また、今年4月からは中山間地での実用性検証のため、医療過疎地の日向地区で、日向コミセンを拠点に遠隔診療機器を設置。機材を搭載し、看護師が乗り込んで地域内を巡回する「医療カー」を運用している。

 今回の協定はこうした取り組みをさらに進め、日向コミセンでカフェを運営のほか、「日向地域支え合い活動実行委員会」にも参加し、除雪ボランティアなどにも取り組んでいる同市の公益大にも参加してもらうことで、地域の交流を活性化し、高齢者の健康づくりや学びの場を創出するもの。4者が協力し▽医療分野の課題抽出▽庄内地域におけるオンライン診療のグランドデザイン▽地域住民との健康相談や高齢者の社会参加によるコミュニティ形成▽世代間交流を通した教育の仕組み作り―などに取り組む。

 この日は同市庁舎で締結式が行われ、丸山至市長、城戸淳二山形大大学院有機材料システム研究科教授、神田学長、渡会俊輔NTT東日本山形支店長ら関係者計約20人が出席。城戸教授がこれまでの経緯を説明し、4者で協定書を取り交わした。城戸教授は「新技術の社会実装を進めていき、中山間地域の人々が安心して暮らせる仕組みを整えたい」、丸山市長は「最先端の技術を離島や中山間地域にどう生かせるか実証していく」、神田学長は「高齢者にも気軽に来てもらえる場を作り、健康増進などにつなげていきたい」、渡会支店長は「4者の得意分野を生かし、酒田から新しいモデルを全国に発信していきたい」とそれぞれ話した。

協定書を取り交わす(左から)神田学長、城戸教授、丸山市長、渡会支店長

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク