全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

外国籍住民を支援 辰野で「地球人ネット」発足

外国籍住民の支援や交流促進を掲げた「地球人ネットワークinたつの」の設立総会

 辰野町を拠点に、外国籍住民の支援や交流促進に取り組むボランティア団体「地球人ネットワークinたつの」(宮澤透会長)が11日夜、発足した。気軽に集えるサロン企画や日常生活での困りごと相談をはじめ、日本語指導や生活講座などの事業を通じて、国籍にとらわれず支え合う地域社会づくりを目指す。駒ケ根市で10年余り続く地球人ネットワークを姉妹団体として連携を図り、上伊那全体に輪を広げたい考えだ。

 町によると、町内では4月1日現在375人の外国籍住民が生活。年々増加の傾向という。これに対しボランティアは、外国籍住民の支援のために協力する仕組みがなく、孤立防止や多文化共生への対応充実が求められていた。

 新団体に関しては、町ボランティアセンター運営委員長も務める宮澤会長(76)=同町宮木=が、駒ケ根市で2006年から活動する「地球人ネットワークinこまがね」に2年間参加し運営方法を学習。町にも同様の団体を立ち上げようと有志や町、町社会福祉協議会へ協力を呼び掛けて設立準備を進めてきた。

  新団体は町社協に事務局を設置。ボランティアセンター窓口で生活全般の困りごと相談を受け付ける。当面は交流事業と生活情報の両専門部会が主な活動を担う。まず毎月第2水曜日の夜、同センターでサロンを開き仲間づくりを進める。生活講座では町に講師を依頼し、ごみの出し方や防災について学んでもらう。日本語講座は、指導する会員向けの研修から始める。

 設立時の体制は町内外会員10人。会費(年額500円)や賛助会員支援(1口500円)、町補助金(申請中)などで運営費をまかなう。会員は年齢や居住地を問わず、外国籍の従業員がいる企業へも賛助登録を呼び掛ける。

 ボランティアセンターで開いた設立総会で、宮澤会長は「駒ケ根のネットワークは外国籍の人たちも会員になって積極的に交流しており、素晴らしい手本。辰野でもさまざまな人が支え合う活動を展開したい」と述べた。駒ケ根市のネットワークからも高森アナ会長ら役員が駆け付け、姉妹団体の誕生を祝った。

 事業に関する問い合わせ、相談は町ボランティアセンター(電話0266・41・5558)へ。

関連記事

ネーミングライツを検討 伊良部球場と新総合体育館 宮古島市

2021年9月に供用開始した市伊良部野球場と、新たに建設される市総合体育館について、宮古島市がネーミングライツの導入に向け準備を進めていることが18日、分かった。同日行われた開会中の市議会6月定例会一般質...

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク