全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

癒やしの踊り披露 ウポポイ訪問 米国の先住民族ナバホ族の姉妹 白老

米国ユタ州出身で先住民族ナバホ族の文化継承者のエリン・タパヒさん(27)と妹のディオンさん(25)は30日、白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れた。伝統的コタン前広場で、一般来場者に向けて疫病からの癒やしや大地への祈りを込めた踊り「ジングルドレス・ダンス」を披露した。

祈りと癒やしの踊りを見せるエリンさん(右)とディオンさん

 2人は、2組の姉妹からなる4人ユニット「文化による癒やし(アート・ヒール)/ジングルドレス・プロジェクト」のメンバー。同プロジェクトは新型コロナウイルスが世界的な流行を見せ始めた2020年5月ごろ、ナバホ族の写真家、ユージーン・タパヒ氏が呼び掛け、エリンさんらは全米25カ所以上を訪問してきた。

 踊りはナバホ族と古くから友好関係にある米国の先住民族オジブエ族発祥。1918年ごろ、通称スペイン風邪が世界中で流行した際、踊りの力で治癒しようとしたムーブメントを起源としている。

 2人は円形の薄い金属板を円すい状に丸めた「ジングル」を多数縫い付けた伝統衣装を身に付け、体を上下に揺らして音を鳴らしながら約15分間、神秘的な踊りを見せた。また来場者らと共に友情を確かめ合う輪踊りを楽しむなどして交流を深めた。

 踊りを終えたエリンさんは「ウポポイはオブジエ族の古里であるミネソタ州の風景に似ている。とても神聖な気持ちだ」と語り、ディオンさんは「晴れ渡った日に美しい場所で踊りを披露でき、とても光栄」と笑顔を見せた。

 ナバホ族は18世紀後半、米国南西部を征服しようとするスペイン軍と対立。民族の多数がスペインの奴隷貿易の犠牲となった歴史がある。エリンさんらは日本にも苦難の歴史を持つ先住民族がいることに強い関心を抱き、来日を希望してきたという。今回、関係者を通じてウポポイ側に来訪の打診をし、この日のダンス披露が実現した。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク