全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

競歩で県制覇、南九州大会へ 大島高校3年の原さん 奄美市長表敬し決意語る

安田壮平奄美市長を表敬した大島高校3年の原勇輔さん(左)=30日、奄美市役所

 鹿児島市で26日にあった県高校総体陸上競技の男子5000メートル競歩で優勝した県立大島高校3年、原勇輔さん(17)が30日、奄美市役所に安田壮平市長を表敬訪問した。インターハイ出場を懸けた南九州大会へ向けて「支えに感謝し、結果で恩返ししたい」と意気込みを語った。

 原さんは奄美市住用町出身で東城小中学校卒。大島高陸上部に入り、長距離走を続けていた1年の冬、同部顧問らの勧めで競歩に転向。朝夕各10キロ、月平均600キロ歩くなど練習を積み、転向後初戦となった昨年の県総体で3位、南九州大会で5位と力を見せた。

 今年4月の記録会で叩き出した自己ベスト21分30秒28は昨年の南九州大会2位、インターハイ6位に相当する好タイム。今年の南九州大会は6月16~19日、県総体と同じ鹿児島市の白波スタジアムであり、競歩は4位以内でインターハイ出場権を得る。

 さらに、かごしま国体出場選手選考の指標となる参加標準記録21分30秒も突破目前。「これまでの経験を生かして南九州で勝ち、夏までに国体の標準記録もクリアしたい」と力を込める原さんに対し、安田市長は「目標が明確で素晴らしい」と手を握って激励した。

関連記事

アジアパラへ豊川高の中根さん出場

竹本市長表敬、意気込み語る  杭州2022アジアパラ競技大会の100㍍背泳ぎS8クラスに、豊川高校1年の中根暖さん(15)=豊橋市西幸町=が出場する。3日、豊川市役所を訪れ、竹本幸夫市長に「自己ベ...

荘内日報社

「湯ったり号」本格運行スタート 乗合タクシー 鶴岡市温海地域の新たな足確保 ..

 鶴岡市温海地域で2020年に路線バスが廃止・縮小されたことを受け、地域住民の新たな足となるよう試験運行が進められていた温海地域乗合タクシーが2日、本格運行を開始した。愛称は「湯ったり号」に決まり、同日...

「無添加スイーツ」サツマイモ 帯広市内の専門店「十芋」

 「食欲の秋」が到来-。秋はさまざまな食材が旬を迎え、色鮮やかな紫色のサツマイモの新芋はホクホク食感が楽しめる。毎日食べるというほど“サツマイモ愛”にあふれ、昨年7月、帯広市西21南3に「さつまいも...

宇部日報社

古地図で厚狭をガイド 語り部の会が旧山陽道など【山陽小野田】

 古地図を使ったガイドウオーク「古地図を片手に、まちを歩こう。」のスタンプラリーが、おいでませ山口観光キャンペーン推進協議会の主催で行われている。県内と島根県益田市の全38カ所のうち、山陽小野...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク