全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「宝剣岳エール」仕込み 長野県駒ケ根市、宮田村産大麦のビール造り

宝剣岳エール用の麦芽を粉砕機に投入する関係者=南信州ビール駒ケ岳醸造所

 長野県駒ケ根市や宮田村、酒造会社などが連携して進める地元産大麦を原料にしたビール・ウイスキー造りプロジェクトの一環として、地ビール「宝剣岳Ale(エール)」の仕込み作業が30日、同村の南信州ビール駒ケ岳醸造所で行われた。質の良い麦芽が収穫できたなどの理由で昨年より仕込み量を増量。販売量も増える見込み。6月下旬の販売を予定している。

 6次産業化の取り組みとして商品化した地ビールで、醸造は7年目。仕込みには昨年両市村で収穫した二条大麦の麦芽400キロを使用。昨年より100キロ増量した。ビールに香りや苦みを付けるホップは、駒ケ根市産が使用量の9割以上を占めており、かんきつ系の香りが特徴の品種「カスケード」を使う。

 この日は麦芽を専用機械で粉砕し、かまの中でお湯と混ぜて糖化させるなどの仕込み作業を実施。約3週間、低温熟成させて完成となる。同社製造担当の丹羽隆さん(41)によると、「優しい口当たりが特徴のビール。優しさや温かさが感じられる伊那谷をイメージしている」といい、目指す味わいを造るには温度管理が重要と話していた。

 同社は収穫麦の質の好調に加え、コロナ禍明けの経済回復に伴い売り上げ増を期待し、醸造量を昨年より増やした。330ミリリットル瓶換算で6000本を醸造する。完成品の販売は地元酒販店や同社オンラインショップ、両市村のふるさと納税の返礼品で取り扱う。価格は1瓶税込み660円。

関連記事

豚丼「100年フード」へ メニュー刷新やPR強化 プロジェクト始動 帯広..

 帯広物産協会(小倉豊会長)は4月から、十勝のソウルフードとして知られる「豚丼」のPR強化、メニューのリニューアルなどを行う「100年豚丼プロジェクト」に取り組んでいる。豚丼が昨年度、文化庁の「1...

更別村のビール誕生 副原料に特産5品目 JA青年部50周年記念

 JAさらべつ青年部(赤澤翔太部長)は、今年創立50周年を迎えたことを記念し、更別産の農産物を副原料に使用したクラフトビール「さらべつふるえーる」を開発した。赤澤部長は「更別を詰め込んだビールがで...

長野日報社

「ごくらくセット」新装 諏訪五蔵の酒造めぐり 長野県諏訪市内

 長野県の諏訪観光協会と諏訪市内5軒の造り酒屋(諏訪五蔵)は27日、五蔵が通年で行う酒造めぐり「ごくらくセット」を4月からリニューアルすると発表した。御朱印帳をイメージした台紙を作製し、各蔵を回...

黒ブドウを白ワインに 十勝初の商品化 池田・まきばの家

 池田町清見の「十勝まきばの家ワイナリー」は4月1日、白ワインの新商品「清見ブラン」を発売する。「ブラン・ド・ノワール」と呼ばれる黒ブドウ100%による白ワインは珍しく、商品化は十勝のワイナリー...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク