全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

乗り合い交通、今秋試行 根室市が公共交通計画【根室】

 【根室】市は30日、持続可能な公共交通の在り方をまとめた「根室市地域公共交通計画」は公表した。同計画に即した鉄路とバスの施策はすでに展開中で、いずれも好調な利用状況にあるという。秋にはタクシー・ハイヤーを主とする事前予約制の乗り合い交通(AIオンデマンド交通)を試行する計画だ。

 市地域公共交通計画は、すべての地方公共団体に努力義務化された国の法改正に基づく。市は昨年4月に16団体で構成する協議会を設置。5回の会議と8カ所での市民意見交換会、市民意見公募を経て策定。この日の市地域公共交通確保対策協議会(会長・竹本勝哉副市長)の総会を受け、公表となった。

 市の計画は「子どもと高齢者にやさしく持続可能な公共交通体系の構築」という副題が付き、内容は27年度までの5年間を見据えたものとなっている。

 同計画に基づいた施策として4月10日から、公共交通空白地帯の落石地区に通院、通学のための路線バス「落石線」を試験運行。根室交通によると、利用者(1日平均)は学生23人、大人1~2人、小学生1人が利用しており、既存路線よりも乗車密度が高いという。

 子育て世帯の負担軽減と市内バス路線の利用促進を目的に今年度スタートした18歳以下の市民および小学生未満の子どもと同乗の保護者1人を無償化する「バス乗車フリーパス」事業は、4月実績で389件の申請、延べ3294人の利用が確認された。

 JR花咲線を利用して根室高校に通う生徒の定期代(全額)助成制度は16人が申請、9月末までの6カ月間で延べ3240人の乗車を見込む。

 このほか、既存事業の市内在住70歳以上が100円で全バス路線を利用できる「高齢者バス等優待乗車券事業」、75歳以上の運転免許自主返納者へ、年1万1000円のハイヤー乗車券を3年間助成する「運転免許証自主返納奨励事業」は継続して行う。

 市は各事業の評価、検証を行いながら、計画最終年次にさらなる見直しで公共の足の確保を目指す。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク