全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

釧路ガス、昆布の森構想 ブルーカーボン西港で実証実験【釧路】

 ジャパンブルーカーボンプロジェクト(JBP、東京都、吉川京二代表)と釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は30日、釧路港の海域でコンブなどの海藻や海草を増やし、ブルーカーボンの力で脱炭素社会を目指す「釧路ガス昆布の森づくり」構想を発表した。

 JBPは、海の二酸化炭素(CO2)吸収源である海藻や海草を増やすブルーカーボンの取り組みを進めており、コンブの生育に適した釧路沿岸に着目して昨年3月から実証実験を行っている。

 一方、釧路ガスは、釧路の海を生かした地域貢献や脱炭素社会への取り組みを模索していたことから、昨年9月に両者がパートナー協定を結んだ。

 「釧路ガス昆布の森」は、釧路港西港第4埠(ふ)頭(とう)東側の8万平方㍍の海域で計画している。釧路ガスがスポンサーとなり、北海道開発局と釧路市の助言を得ながら事業を進める。将来的にはカーボンクレジット制度により、CO2排出削減量を大手企業などと取引することを目指す。

 30日には実証実験が開始され、コンブを付着した50㍍のロープ5本がブイから海中に下ろされた。付着したコンブは、西港島防波堤での実証実験で成長が確認されたオニコンブを付け替えたもの。来年3月まで生育状況の観察と確認を行い、順調ならロープの数を増やしていく。

 JBPの吉川代表は「地元有力企業の支援を受けて釧路の地域活性化、釧路市のゼロカーボンシティ宣言、道のブルーカーボン推進に貢献できる事業」と述べ、釧路ガスの長島保典常務取締役は「ブルーカーボンという新たな海の力で脱炭素社会実現を目指す。社会インフラを担う地元企業として地域に貢献したい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク