全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

釧路ガス、昆布の森構想 ブルーカーボン西港で実証実験【釧路】

 ジャパンブルーカーボンプロジェクト(JBP、東京都、吉川京二代表)と釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は30日、釧路港の海域でコンブなどの海藻や海草を増やし、ブルーカーボンの力で脱炭素社会を目指す「釧路ガス昆布の森づくり」構想を発表した。

 JBPは、海の二酸化炭素(CO2)吸収源である海藻や海草を増やすブルーカーボンの取り組みを進めており、コンブの生育に適した釧路沿岸に着目して昨年3月から実証実験を行っている。

 一方、釧路ガスは、釧路の海を生かした地域貢献や脱炭素社会への取り組みを模索していたことから、昨年9月に両者がパートナー協定を結んだ。

 「釧路ガス昆布の森」は、釧路港西港第4埠(ふ)頭(とう)東側の8万平方㍍の海域で計画している。釧路ガスがスポンサーとなり、北海道開発局と釧路市の助言を得ながら事業を進める。将来的にはカーボンクレジット制度により、CO2排出削減量を大手企業などと取引することを目指す。

 30日には実証実験が開始され、コンブを付着した50㍍のロープ5本がブイから海中に下ろされた。付着したコンブは、西港島防波堤での実証実験で成長が確認されたオニコンブを付け替えたもの。来年3月まで生育状況の観察と確認を行い、順調ならロープの数を増やしていく。

 JBPの吉川代表は「地元有力企業の支援を受けて釧路の地域活性化、釧路市のゼロカーボンシティ宣言、道のブルーカーボン推進に貢献できる事業」と述べ、釧路ガスの長島保典常務取締役は「ブルーカーボンという新たな海の力で脱炭素社会実現を目指す。社会インフラを担う地元企業として地域に貢献したい」と話した。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク