全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

名に恥じぬよう精進 ニムラ舞踊賞の菊地さん

第37回ニムラ舞踊賞を受賞し、トークショーで思いを語る菊地研さん

 諏訪市出身の世界的舞踊家、新村英一(1897~1979年)にちなみ、優れた実績を上げた舞踊家をたたえる「ニムラ舞踊賞」の運営委員会は8月31日、第37回授賞式を市図書館で開いた。受賞者のバレエダンサー菊地研さん(32)=東京=に賞状や記念品を贈った。

 式には関係者や住民ら約40人が出席。運営委員長の金子ゆかり市長は今年が新村の生誕120年に当たることに触れ、「久しぶりに男性のダンサーが受賞することにつながりを感じる。菊地さんは何となく(新村に)似ている」とあいさつ。菊地さんは「(受賞を聞き)正直うれしかった」とし、16歳で入団した牧阿佐美バレエ団の指導者や仲間らに感謝し、「賞の名に恥じぬよう精進したい」と述べた。

 出演作品の映像を鑑賞。引き続き開いたトークショーで菊地さんは「(演じる際は)いろんな感情的なものを掘り下げることが好き。多くの作品に出演し、成長し続けたい」。諏訪市の印象について諏訪湖が見える景色が素晴らしいとし、「湖の前で踊れたらすてきだと思った」と話した。

 菊地さんは10歳からバレエを始めた。2001年に牧バレエ団に入団し、現在は同団プリンシパルとして活躍。16年公演の「ノートルダム・ド・パリ」「飛鳥」の演技などが評価された。男性のダンサーの受賞は4年ぶり。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク