全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

名に恥じぬよう精進 ニムラ舞踊賞の菊地さん

第37回ニムラ舞踊賞を受賞し、トークショーで思いを語る菊地研さん

 諏訪市出身の世界的舞踊家、新村英一(1897~1979年)にちなみ、優れた実績を上げた舞踊家をたたえる「ニムラ舞踊賞」の運営委員会は8月31日、第37回授賞式を市図書館で開いた。受賞者のバレエダンサー菊地研さん(32)=東京=に賞状や記念品を贈った。

 式には関係者や住民ら約40人が出席。運営委員長の金子ゆかり市長は今年が新村の生誕120年に当たることに触れ、「久しぶりに男性のダンサーが受賞することにつながりを感じる。菊地さんは何となく(新村に)似ている」とあいさつ。菊地さんは「(受賞を聞き)正直うれしかった」とし、16歳で入団した牧阿佐美バレエ団の指導者や仲間らに感謝し、「賞の名に恥じぬよう精進したい」と述べた。

 出演作品の映像を鑑賞。引き続き開いたトークショーで菊地さんは「(演じる際は)いろんな感情的なものを掘り下げることが好き。多くの作品に出演し、成長し続けたい」。諏訪市の印象について諏訪湖が見える景色が素晴らしいとし、「湖の前で踊れたらすてきだと思った」と話した。

 菊地さんは10歳からバレエを始めた。2001年に牧バレエ団に入団し、現在は同団プリンシパルとして活躍。16年公演の「ノートルダム・ド・パリ」「飛鳥」の演技などが評価された。男性のダンサーの受賞は4年ぶり。

関連記事

長野日報社

地域の風景に溶け込み60年 登喜和冷凍食品の煙突解体へ

 伊那市市街地の西町で、ひときわ高くそびえる登喜和冷凍食品本社のコンクリート製煙突が近く、解体されることになった。60年余り前の建築で高度経済成長のシンボルともいえる存在だったが、安全面も考...

新城で大団扇を背負う「放下おどり」

 高さ3㍍の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「放下おどり」が14日、新城市大海で行われた。  踊りは室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。毎年盆の時期大海地区はじめ、名...

宇部日報社

お盆に合わせて常夜灯を点灯

 盆に合わせて、江戸時代に造られた山口県山陽小野田市刈屋漁港の常夜灯が点灯された。幻想的な光を放ち、船を導く役割を担った当時の面影をしのばせている。20日まで午後8~11時に点灯する。常夜灯は1...

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク