全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

擬死再生の行学ぶ

滝行を行う慶應大の学生ら=31日、庄内町立谷沢

 慶應義塾大教養研究センター主催の「庄内セミナー」の山伏修行体験が31日、鶴岡市のいでは文化記念館を拠点に行われた。参加した同大の学生らが、滝打ちなどを通じて擬死再生の行に触れた。

 同セミナーは2008年度に始まった「鶴岡セミナー」を前身に、毎年開催。庄内の自然や文化、歴史を体感しながら、「生命」をテーマに学ぶ。8回目の今回は学部生26人と大学院生1人の計27人が参加。29日から9月1日までの3泊4日の合宿形式で行われ、同市大網の注連寺での即身仏拝観、旧庄内藩校致道館での論語素読体験などの他、テーマに沿った活動を行う。

 31日は、いでは文化記念館で山伏修行体験塾の太田秀廣塾長(62)から出羽三山で行われている擬死再生の行について学んだ後、庄内町立谷沢へバスで移動。立谷沢川流域のダムで滝打ちに臨み、羽黒山登山の前に身を清めた。船をこぐような所作の「鳥船」で準備運動した後、「エイ!」と気合を発して落差約4メートルの水の中へ。初めは肩口から容赦なく浴びせられる冷水にもだえていた学生らも、次第に落ち着き、静かに目を閉じてじっと手を合わせた。

 商学部1年の水戸梨乃さん(19)は、「古里の北海道でレストランを開きたい。地元の食材を生かしているアル・ケッチァーノがきっかけで庄内を知り、今回参加した。少し熱があったがもう下がりました」と話した。

 学生たちはこの日、トウガラシをいぶした煙の中で耐える「南蛮いぶし」、火の上を渡る「出生(でなり)」なども体験。後日、「生命」に関するリポートをまとめ、考えを深める。

関連記事

長野日報社

きょうはお休みです 南箕輪村田畑で伝統行事「盆正月」

 南箕輪村田畑地区で17日、伝統行事「盆正月」が行われた。地域住民が盆休みの延長を求め区長や区長代理、会計、公民館長宅を封鎖。三澤稔区長(71)は、”仕方なく”区役員らに地区事務の休みを通達した...

本物の恐竜化石を修復体験

 恐竜「エドモントサウルス」の実物化石の修復体験が17日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた豊橋市の川﨑さん一家4人が破片の接着などを行った。  修復した化石は、開催中の特別企画展「体感!恐...

紀伊民報社

珍しいウナギの遡上 魚道の壁を進む

 夏の盛り、紀南の河川で絶滅危惧種のニホンウナギの幼魚が遡上(そじょう)している。垂直な魚道の壁に張り付くこともある。  幼ウナギの遡上は、主に夜間に見られ、特に河川が増水した時に多く、県立自...

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク