全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

自社商品を全国に ふるさと納税返礼品の事業者セミナー【山陽小野田】

 ふるさと納税の返礼品事業者などを対象にしたセミナーが25日、山陽小野田市民館で開かれた。今後の参画を予定する事業者を含めた30人が返礼品をPRするポイントや売り上げを伸ばす考え方を学んだ。  

 寄付は年末に増える傾向にあるため、事業者に余裕を持って返礼品を用意してもらおうと市が初めて開いた。講師は楽天グループふるさと納税事業部営業第3グループの塩田匠弥さん(34)と、JTB営業第3課の久下淳さん(48)が務めた。  

 市によると、ふるさと納税による昨年度の寄付額は1億2496万4000円(前年度比632万7000円増)。2020年度以降は1億円を超えている。  

 塩田さんは市の現状を説明し「まだまだ伸びしろはある」と太鼓判を押した上で、EC(電子商取引)サイトを活用して返礼品をPRする際のこつを伝授。検索されやすい商品名にすること、画像を工夫すること、納期を明記し配送計画をしっかりと立てることが大切だと助言した。「寄付者から選ばれるためにはライバル社がどんな商品を提供しているか、比べたときに自社ができることは何かを考えてほしい」と伝えた。  

 久下さんは、ふるさと納税に参画するメリットは、自社の商品を全国に宣伝できることだと紹介。既存の商品の流用だけではなく、返礼品専用の商品を用意することも勧めた。「返礼品限定として設定した商品が一番の収益率を出す場合もある」と力を込めた。  

 山川でシイタケの菌床栽培、販売などを手掛ける須子農園の須子諭代表(72)は「年末年始の出品に向け、例年夏ごろから準備に取り掛かっている。今後は他事業者とのコラボ返礼品の開発も検討し、市の知名度アップに貢献したい」と話していた。

関連記事

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク