全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

十勝企業初のIST出向 萩原建設、設計課の相馬主任

 萩原建設工業(帯広市、萩原一利社長)の建築部設計課主任の相馬大地さん(32)が、大樹町のインターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)の「助っ人エンジニア」として今月から勤務をスタートさせた。十勝の企業からの出向は初めてで、これまでの経験を生かして工場や発射場設備などの設計に従事している。

経験を生かして設計部門で活躍する相馬さん

 ISTは、2020年4月から企業や大学などからエンジニア人材の出向を受け入れる「助っ人エンジニア制度」を開始し、これまでにトヨタ自動車、古河電気工業、日揮、トヨタ自動車北海道の4社から累計7人を受け入れ。ロケットエンジンやシステム開発などの部門で活躍している。

 萩原建設工業は、社屋建設などISTと以前から協力関係にあり、昨年秋に完成したISTの構造試験棟の設計を担当した相馬さんが、同制度を利用して今月8日からIST開発部設備グループに出向。ISTの一員として、試験設備などの設計に従事している。出向期間は1年間。

 相馬さんは「北海道・十勝でベンチャー企業としてロケット開発に挑戦しているISTの事業に、さらに関われることをとても光栄に思っている。同じ十勝の企業として、地元の産業の盛り上げに少しでも貢献できたら」と話している。

 萩原建設工業設計課の濱田純也課長は「ロケット開発の最前線に携わり、新たな能力を身に付けることによって人材の成長が加速されると期待している」と相馬さんの活躍に期待を寄せる。ISTは「ロケットだけでなく性能試験設備などさまざまな部門があり、各企業の得意分野を生かして活躍いただいている。今後もご協力いただける会社にお願いしていきたい」としている。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク