全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

東京からUターンし美容室開店

Uターンして開業した遠山さん(南小串で)

 15年間東京で経験を積んだ山口県宇部市出身の美容師、遠山明生さん(33)が、Uターンして南小串2丁目に美容室「SugaR style(シュガースタイル)」を開店した。「宇部のまちを活性化するために帰ってきた。自分が持つ資格と技術を生かし、若い人からお年寄りまで、徹底的におしゃれに変えたい」と意気込む。

 美容師を志したのは、進路で悩んでいた上宇部中時代。宇部中央高を卒業後、進学が決まっていた美容専門学校には入らず、東京都葛飾区にある美容室に入社。8年勤務し、技術を磨いた。その後、宇部で開業することを考え、マーケティングを勉強しようと、首都圏を中心に店舗を展開する大手美容室に移籍し、店長まで昇任。顧客には、芸能人もいた。今年3月に退社し、帰郷。市内のスーパーで買い物客にアンケートを実施し、市民が持つ「通いたい美容室」の条件を探りながら、物件探しも進め、8月に念願だった地元での開店にこぎつけた。

 Uターンした最大の理由は地元愛。まちを変えるのは人だというのが持論で、世代を問わずおしゃれをしたいと思う人を増やすことが、宇部のまちを変えるきっかけになると考えている。NPO法人日本理美容福祉協会が認定する福祉理美容士の資格も持ち、将来的には、店に来たくても来られない顧客には、出張してのカット、パーマも視野に入れる。「人を変える力があるという点では、美容は医療だと思っていて、きれいになりたいという人に応えることが、宇部のまちの活性化につながると思う。美容師としてその手助けをしていきたい」と語った。営業時間は午前11時~午後8時(日曜・祝日は午前10時~午後7時)。月、木と第3日曜が定休日。

関連記事

長野日報社

地域の風景に溶け込み60年 登喜和冷凍食品の煙突解体へ

 伊那市市街地の西町で、ひときわ高くそびえる登喜和冷凍食品本社のコンクリート製煙突が近く、解体されることになった。60年余り前の建築で高度経済成長のシンボルともいえる存在だったが、安全面も考...

新城で大団扇を背負う「放下おどり」

 高さ3㍍の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「放下おどり」が14日、新城市大海で行われた。  踊りは室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。毎年盆の時期大海地区はじめ、名...

宇部日報社

お盆に合わせて常夜灯を点灯

 盆に合わせて、江戸時代に造られた山口県山陽小野田市刈屋漁港の常夜灯が点灯された。幻想的な光を放ち、船を導く役割を担った当時の面影をしのばせている。20日まで午後8~11時に点灯する。常夜灯は1...

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク