全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

ゆめタウン内に子育て支援センター開設【宇部】

新たに授乳室やおむつ替え室

 宇部市は25日、黒石北3丁目のゆめタウン宇部店内に「市子育て支援センターゆめタウンうべ」をオープンした。黒石ふれあいセンターで運営していた子育てサークル「ほのぼのスマイルキッズ」を移設したもので、大型商業施設内でのサークル開設は新天町のボスティビルドに続き2カ所目。広さは従来の2倍となり、機能面も拡充させて、小さな子どもを持つ親同士の交流や情報交換、育児相談の場を提供しながら市民の子育てをサポートする。

 公設の子育てサークルは、現在市内に6カ所。黒石地区を含む市西部地域では子育て世帯が増加傾向にあり、これまでのふれあいセンター内施設では手狭になっていた。市は先月、同店を運営するイズミ(本社広島市)と地域活性化や市民サービスの向上を目的とした包括連携協定を締結。市民のニーズに合わせ、連携事業の第1弾として実施した。

 同店の2階、トイレに隣接し非常階段にも程近い東側の一角に位置し、広さは89・2平方㍍。子どもたちが遊ぶスペースに加え、新たに授乳室やおむつ替え室なども完備した。

 初日は同所でオープニングセレモニーが行われ、篠﨑圭二市長、イズミの梶原雄一朗専務執行役員テナント本部長らが出席。篠﨑市長は「厚南エリア市民の生活の一部となっているこの店で、子育て世帯にとってより気軽な行政サービスになることを期待している。子どもの笑い声、泣き声は世の中に明るさをもたらす社会の宝。より支援を充実させ、子どもたちの声があふれる宇部をつくっていきたい」とあいさつし、市民にセンターの活用を呼び掛けた。

 石井七海さん(31)=厚南=は「よく買い物に来るので、こうした場所ができてありがたい。設備もきれいで安心。また利用したい」と喜び、息子の成海ちゃん(1)と一緒におもちゃ遊びを楽しんでいた。

 センターには保育士2人が常駐している。対象は主に3歳未満の児童とその保護者。予約不要、無料で利用できる。開設時間は月―土曜の午前10時~午後3時。問い合わせは市こども政策課(電話34-8566)へ。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク