全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コースに1年ぶり快音 札内川ゴルフ場 幕別

始球式で営業再開を祝う関係者。(左から)飯田町長、芳滝議長、喜多道議、橋本さん、川瀬社長

 昨年夏の台風で被害を受けた札内川ゴルフ場(町札内稔町)のコースが9月1日に営業再開するのを前に、31日午前9時、記念セレモニーが開かれた。その後、招待者約80人がラウンドし、久しぶりに青々とした芝の感触を楽しみながらプレーした。

 同ゴルフ場は昨年の台風10号で、札内川が増水して土砂が流れ込み、設備も流出して営業を休止。運営する第三セクター幕別町地域振興公社(社長・川瀬俊彦副町長)は、1億3000万円を増資(町が1億2230万円、39の個人・団体が770万円を出資)し、復旧に当たってきた。

 式典で川瀬社長は「愛好者から、ぜひ再開してほしいという声、署名をいただいた。復旧で帯広開発建設部や愛好者、資金調達でも多くの方に協力いただいた」と感謝。「皆さまがプレーを楽しんで、健康増進につながれば」と述べた。

 来賓として飯田晴義町長、芳滝仁町議会議長があいさつし、川瀬社長、飯田町長、芳滝議長、喜多龍一道議、愛好者代表の橋本一由さん(73)=町内在住=が始球式を行った。橋本さんは「河川敷は安価で、起伏も少なく健康的に歩ける」と早速プレーを楽しんだ。

関連記事

「クシティの日」で関連行事 講演会や川柳表彰式

 【与那国】12月の第二日曜日は「クシティの日」。町は9日、町農業構造改善センターで「第2回クシティの日」の関連行事が行い、クシティ栽培の現状やクシティの可能性についての講演会を開いたほか、町民か...

長野日報社

「ヘルプマーク」徐々に浸透 継続的な周知大事

 日常生活で援助や配慮を必要とする人が周囲に知らせるために身に付ける「ヘルプマーク」が諏訪地域で徐々に浸透しつつある。県が7月から全県で取り組み、諏訪6市町村の福祉担当窓口と県諏訪保健福祉事務所...

荘内日報社

西郷隆盛との交流で伝わる「酒井家の鶏飯」 DCの目玉料理に

 鶴岡市の庄交コーポレーション・東京第一ホテル鶴岡は13日、明治維新後の西郷隆盛と旧庄内藩主・酒井忠篤公の交流を通じて酒井家に代々伝わる、鹿児島名物料理「鶏飯(けいはん)」を取り入れた食事メニュー「...

紀伊民報社

駅前に二偉人「そろい踏み」 弁慶像近くに盛平記念碑

 JR紀伊田辺駅前の弁慶広場(和歌山県田辺市湊)に、合気道の開祖・植芝盛平の記念石碑が移設された。仁王立ちしてにらみを利かす弁慶像と石碑。田辺三偉人のうち、「2人」が広場の両端にそろい踏みして、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク