全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新館建設し2館体制 博物館周辺エリア再整備基本計画 温浴カフェや直売所も  むかわ

むかわ町は、穂別博物館をはじめ、穂別地区全体のまちなか再生を図る「復興拠点施設等整備事業」の基本計画をまとめた。軸となる博物館については新館を建て、既存の博物館と併用することで展示物や体験コーナーなどを充実させる構想。博物館の近くには町民や観光客が集う温浴カフェを置くほか、市街地に農産物直売所や地域の交流スペースも設け、まちなかの交流拠点とする考えだ。

むかわ町が示した新しい穂別博物館の外観パース

 穂別地区の再整備は博物館機能だけでなく、町民のコミュニティーや利便性の向上も視野に入れ、潜在する地域課題を解決する拠点として位置付ける。町は22日までに数回開かれた町議会全員協議会で説明し、質疑に応じた。

 基本計画によると、新館はすでに閉館している旧穂別地球体験館を解体した跡地に建設。同地区で発掘された恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)の全身骨格(レプリカ)が収容できるほか、展示内容を充実させられるスペースを確保する。

 築40年以上が経過する既存の博物館も維持し、周辺には既存の公衆浴場「ほべつの湯」を移転改築してカフェを配置し、広域来訪者の促進と対流性の向上を図る。

 まちなかの交流施設は、サテライトオフィスなどとして使っているモバイルハウスの活用を検討。農産物を販売する多目的スペースを中心に子どもが遊べるコーナー、コミュニティーや待合所も設け、地域のにぎわいや憩いの場の創出をイメージしている。

 町によると、6月中旬に町民説明会を開催し、町民の意見を取り入れた上で実施設計を行い、順次工事を進めて26年春までに開業させる計画。総事業費は現段階で約15億円を見込んでいる。町は「博物館を中心にした拠点とまちなか交流施設の整備を同時にすることで相乗効果を狙う」としている。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク