全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ナショナル・トラスト天神崎にライブカメラ

田辺市防災行政無線の柱上部にあるスピーカーの下に設置しているライブカメラ(和歌山県田辺市天神崎で)

 和歌山県田辺市の公益財団法人「天神崎の自然を大切にする会」は、天神崎の美しい景観を見てもらったり、防災に役立ててもらったりしようと天神崎の丸山近くにライブカメラを設置した。

 天神崎は暖流の影響を受けて気候が温暖で、森、磯、海が一体となって生態系をつくり、サンゴや多くの生物が生息するなど貴重な場所。同会は別荘の開発計画があることをきっかけに1974年に発足。寄付を募って土地を買い取る「ナショナル・トラスト」運動の国内における先駆けの地として活動を続けている。
 保全地は財団や田辺市、日本自然保護協会の所有地を合わせて約8・9ヘクタールで、目標面積の半分となっている。磯遊びや釣り、自然観察などで多くの人に親しまれ、近年は磯の潮だまりが水鏡となり、ボリビアの「ウユニ塩湖」のような絶景写真が撮れると注目されている。
 今回は、そうした天神崎の自然景観をより多くの人に発信し、環境保全への関心を高めたり、防災などにも役立ててもらおうと、ライブカメラを設置することにした。
 丸山近くの広場付近にカメラを設置。設置費用は約100万円。動画投稿サイト「ユーチューブ」の同会のチャンネルでライブ映像を見ることができるようにした。会のホームページからユーチューブのチャンネルを見ることができる。

ライブカメラの映像

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク