全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

4年ぶり開催 喜びあふれる 東京尾浦会総会・懇親会

 東京尾浦会総会・懇親会が14日、都内のアートホテル日暮里ラングウッドで行われた。首都圏在住の鶴岡市大山地区出身者に加え、地元からも「いざやまき保存会」ら関係者が加わり、約150人の出席でにぎわった。

 コロナ禍があって4年ぶりの懇親会開催。喜びがあふれるパーティーとなった。加藤有紘会長は「先輩たちが築き上げてきた会の永続的発展を望みたい」と決意を語り、大山の地元蔵元の協力もあって「酒はわんさかあるのでぜひ楽しんでもらえれば」とあいさつした。大山小同窓会の佐藤憲二会長が音頭を取った乾杯も、ビールでなく大山の地酒で行われ、皆にこやかな笑顔でコップを傾け合った。

久しぶりの再会に出席者は満足の表情

 今回の実行委員会は大山中の昭和50(1975年)~53年卒業の4世代30人。60歳前後の機動力ある卒業生の働きで、会はにぎやかなものになった。岡村伸実行委員長(61)は「いろいろな世代が楽しめるものを目指した。精いっぱいやりました」と充実の表情。懇親会は中村ゆかりさんのバイオリン演奏、いざやまき保存会の演目披露は大山出身の歌舞伎役者・中村橋吾さんとのコラボでも魅せた。さらにお楽しみ抽選会、皆が長く大きな輪を作った「大山盆踊り」まで充実した時間が続いた。会員たちは旧交を温め、来年の総会40周年記念での再会を約束し合った。なお総会では大山自治会の櫻井修治会長が来賓祝辞を行い、新しい大山コミュニティセンターの改築状況、4年ぶりに行われる大山犬まつり(6月5日)や大山公園の整備状況などを説明した。(東京支局)

大山盆踊りは総出で盛り上がった

鶴岡まいさん熱唱

 ○…懇親会で注目を集めたのが初披露の「東京尾浦会の歌」。大山小・中を経て、鶴岡北高卒業後、故郷を離れて50年あまりという鶴岡まいさん(作詞家名)が自ら作詞した歌を熱唱した。今年3月出来上がったという。変わらぬ姿の太平山 追いかけおいつき鬼ごっこ みんなで仲良く帰り道 まばゆい稲穂は黄金色――と郷里を思う内容。歌詞は3番まであり、サビの部分は、羽前大山我がふるさとは 永久(とわ)のつながり東京尾浦会――と繰り返される。「皆さんに聞いてもらえてうれしい。ぜひ覚えて歌ってください」とアピールした。作曲の大山太郎さんは実力ある覆面作者だそう。

鶴岡まいさんが熱唱

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク