全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

焼け跡に芽吹き 霧ケ峰で観光シーズン告げる開山祭 長野県

林野火災から20日。焼け跡からの芽吹きが始まり、オニゼンマイなどが存在感たっぷりに生えている=23日午前、霧ケ峰・富士見台周辺

 大型連休中の4日に大規模な林野火災が起きた霧ケ峰で23日、観光シーズンの到来を告げる「霧ケ峰開山祭」があった。長野県諏訪観光協会と霧ケ峰強清水自治会が主催し、諏訪市や地権者団体などを含め約40人が参列。今季の安全とにぎわいを祈願した。林野火災では諏訪、茅野両市にまたがる約180ヘクタールを焼き、夏の観光資源でもあるニッコウキスゲ群生地の一部にも火が入ったが、焼け跡からはキスゲの芽も出て成長し始めている。

 蛙原に建つ霧鐘塔前で行う予定だったが、雨のため屋内で執り行った。手長神社(諏訪市)の前島正宮司が祝詞を奏上し、各団体の代表者が玉串をささげた。

 協会によると、霧ケ峰を昨年訪れた観光客は前年比41万人増の186万人で、コロナ下の落ち込みから回復傾向にある。佐久秀幸会長は「アフターコロナで移動が活発になる。諏訪湖、温泉、霧ケ峰を組み合わせて観光事業を進めたい」とあいさつ。林野火災にも触れ「けが人や建物の被害がなく良かった。焼け跡が広がるが、霧ケ峰の美しい景観は変わらない」と述べた。

 霧ケ峰旅館組合の有賀文夫組合長は「観光への影響を心配したが、キャンセルも風評もなかった。(景観整備伐採で)眺望が向上した薙鎌神社など、霧ケ峰の魅力を積極的に発信していきたい」と話していた。

 富士見台(諏訪市)のニッコウキスゲ群生地は4分の3ほどが焼け焦げたが、県霧ケ峰自然保護センター(同)によると、焼け跡からは新芽が出ており、火災で先端が焼けた芽も丈が伸びている。木が焼けてしまったレンゲツツジの開花は「今年は厳しい」とするが、ニッコウキスゲの火災による影響は限定的との見方を維持している。

関連記事

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク