全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「ザザムシ」新メニュー開発 上伊那農業高GL3年生 長野県

ザザムシを使って新たなメニュー開発に取り組んだ生徒たち

 長野県伊那谷が誇る伝統文化の昆虫食「ザザムシ」を未来に伝える活動を展開する上伊那農業高校(南箕輪村)コミュニティデザイン科グローカルコース(GL)の3年生は23日、新たな味わい方を創出しようと、メニュー開発の講座を同校で開いた。東京で昆虫食を提供する「TAKE‐NOKO」の三浦みちこ店長を講師に、生徒たちは地元らしさや若者受けするザザムシ料理を考案し、調理した。夏に同店で提供する予定で、多くの人に伊那谷の味に親しんでもらおうと工夫を凝らした。

 水生昆虫の養殖や漁体験に取り組むGLは、ザザムシふりかけ「ZAZATEIN(ザザテイン)」を2021年度に開発して商品化。「TAKE‐NOKO」の運営会社はその加工を手掛けており、8月ごろにGLの取り組みを紹介しながら、生徒が考えたふりかけに次ぐ新たなメニューを提供するイベントを同店で計画している。

 この日はボイルしたザザムシを基本に使用。生徒たちは四つの班に分かれてアイデアを出し合い、五平餅とガレット、タンタンメン、アイスクリームの4種類のレシピ作りに挑戦した。

 すりつぶしてクルミと混ぜて味付けしたり、ひき肉と一緒に炒めて具材にしたりするなど、佃煮として食べることが多いザザムシが斬新な発想でさまざまなメニューに変化。GLの取り組みに協力するザザムシ漁師の中村昭彦さんらも参加して試食した。

 予想外に虫の姿がタンタンメンとマッチしたことに気付いた生徒は「味もザザムシの香ばしさがありおいしい。虫に抵抗がある人もいると思うが、身近なメニューと組み合わせてもいいかも。幅広い料理に使えそう」と手応えを話した。

 「大切な文化を新しい取り組みにつなげる一つのきっかけになれば」と三浦さん。中村さんも「若い発想と感覚で面白い」と熱心に取り組む生徒たちの姿に目を細めた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク