全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

市歴史民俗資料館で「未指定の文化財展」、玄済寺の吉敷毛利家掛け軸など【山口】

 山口市春日町の市歴史民俗資料館(金澤和紀館長)で、市内で発見あるいは今後の研究で評価が高まる可能性を持つ史料を集めた企画展「山口市の未指定文化財」が開かれている。屏風(びょうぶ)や掛け軸14点が並び、市の持つ歴史文化の豊かさに触れることができる。7月2日まで。  

 同館と市文化財保護課は、歴史文化資源の保護のため、文化財指定を受けていない史料の調査と記録を行っている。今回は、2021年度と22年度に行った寺社への調査で新たに発見したものや、既に存在は知られていたが一般公開されていなかったものを展示している。  

 目玉は、吉敷毛利家の菩提(ぼだい)寺である玄済寺(吉敷佐畑)の調査で見つかった、初代当主の毛利秀包(ひでかね)を描いた掛け軸。既に文化財に指定されている同一の掛け軸が存在しており、二つ目の掛け軸との異同や関係が注目される。  

 禅昌寺(小鯖)の所蔵からは、当時の有力者であった大内義隆と毛利隆元が、無縁所であった同寺の領地を保障した安堵(あんど)状。画聖・雪舟の流れを組む雲谷等祚(とうそ)の立体的に描かれた桜が特徴的な「桜花図屏風」も展示している。  

 大殿の仁壁神社の史料として、同神社の所有品目を記した什物(じゅうもつ)帳が展示され、文化財の来歴を探る調査活動の一端がうかがえる。  

 学芸員の田村杏士郎さん(33)は「展示された史料から郷土の歴史を再発見してほしい」と来場を呼び掛けている。  

 時間は午前9時~午後5時(入館は4時半)。入館料110円。18歳以下、70歳以上、障害者とその付添人は無料。6月から一部展示が変更される。6月18日には田村さんによるギャラリートークもある。  

 問い合わせは同館(電話083-924-7001)へ。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク