全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「諏訪龍神の舞」 高島城祭に向け演舞に磨き 長野県諏訪市

高島城祭に向けて「諏訪龍神の舞」の練習に励むメンバー

長野県諏訪市で28日に開く高島城祭に向け、同市本町2丁目の有志らが受け継ぐ「諏訪龍神の舞」の練習が熱を帯びている。新型コロナウイルスの影響で中止、規模縮小が続き、祭りの通常開催は4年ぶり。地域の人たちや観光客のにぎわいが戻ることを期待し、諏訪の伝承を基にした演舞に磨きをかけている。

舞に取り組む「諏訪龍神」によると、昭和30年代ごろ、上諏訪駅周辺の複数の町内がそれぞれ竜神を作り、練り歩いたのが始まり。本町2丁目は、地元の日本舞踊花ノ本流師範に振り付けを依頼し、雄竜と雌竜の2体を制作。諏訪大社の男神が竜に姿を変え、女神のもとへ渡る御神渡りの伝承を表現し続けている。

現在は10~60代の約20人が所属。5月中旬の午後8時すぎ、本番に向けて地元の駐車場で本格的な練習に入った。明かりがともり、全長18メートルの雄竜、15メートルの雌竜が暗闇に舞い上がる。メンバーは頭、胴体、尾を分担し、2体が勇ましく飛び回って絡み合う伝統の所作を確認。天に向かって頭をもたげ、とぐろを巻いて鎮座する姿は一層の迫力を生んだ。

5年目で初めて雌竜の頭部を担当する土橋伸一郎さん(33)は「子どもの頃から憧れ続け、ようやく任せてもらえた。生き生きとした龍神を見せたい」と意欲。20年以上参加する柳澤廣明さん(50)は「やっと大勢の人に披露できる」と熱を込めた。

高島城祭には初回から出演する同団体。代表の土橋宏次さん(68)は「昨年は観衆がわずかで寂しい会場だった」と振り返り、「諏訪の財産でもある勇壮な舞を披露し、祭りを盛り上げたい」としている。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

長野日報社

全国各地の愛好団体集結 長野県駒ケ根市で初の「河童サミット」

「みんなに会いたカッパ(かった)よー」。全国各地のカッパ愛好団体が集う交流会「河童サミットinKOMAGANE」(河童連邦共和国主催)が9日、長野県駒ケ根市で開かれ、同市の団体「駒ケ根天竜かっ...

長野日報社

ほたる祭りが開幕 歩行者天国埋め尽くす 長野県辰野町

 伊那谷に夏の訪れを告げる長野県辰野町の「第76回信州辰野ほたる祭り」(同実行委員会主催)が8日、開幕した。期間は16日までの9日間で、5年ぶりに町民総踊りが行われるなどコロナ禍前の祭りが完全復活...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク