全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

県内最古の木造校舎か すさみの旧大己小

県内で現存する木造校舎では最も古いとみられる旧大己小学校(すさみ町防己で)

 和歌山県すさみ町防己(つづら)にある旧大己(たいき)小学校が、県内に現存する木造校舎としては最も古いとみられることが分かった。周辺には石垣でできた棚田もあり、校舎も含めて美しい景観を生み出している。

 摂南大学(大阪府寝屋川市)理工学部の本多友常教授(69)や学生らが、住民への聞き取りや実測調査、文献などから調べていた。本多教授は「とても貴重な建物で、地域にとっての宝物であることは間違いない」と話している。  町史などによると、木造平屋の校舎は1903年2月に完成。13年に増築され、現在の姿になった。床面積は264平方メートル。開校は1879年で、当時の大谷、防己両村が設立した。校名は両地区から1文字ずつ取った。過疎化で1970年3月に閉校となり、佐本小と統合した。  旧大己小校舎は、一部の木が腐ったり、玄関ポーチが傷んだりしていて老朽化が著しいが、木製の窓枠や廊下があり、屋根の構造には、最初にできた部分と増築部分の造りが違っている特徴もある。  校舎は現在、町が個人に貸し出している。人の出入りがあり、かつ建て替えなどを必要としない使い方で済んでいることも、現在まで残った理由だと本多教授はみている。  調査をまとめたビデオ上映会がこのほど、防己集会所であり、地元住民らが集まった。約40分の上映終了後、卒業生で区長の岡秀昭さん(67)は「よい学校を出たんだと改めて感じた。仕事で大阪に10年ほど暮らしたが、帰省して石垣の上に立つ校舎を見るたびに『帰ってきたな』と感じたことを思い出す」と目を細めた。何とか建物を残せないか、という思いもあるという。  ビデオでは、建造物保存が専門というアメリカの大学教授も登場。「腐食をどう抑え、修復していくかは大きな課題。地域資産としての価値を残すために何らかの方法を考え、努力すべきではないか」などと語った。大谷地区でも上映会を開く予定。  本多教授は、過去に橋本市の高野口小校舎や串本町の樫野埼灯台旧官舎の改修にも携わった。

関連記事

長野日報社

地域の風景に溶け込み60年 登喜和冷凍食品の煙突解体へ

 伊那市市街地の西町で、ひときわ高くそびえる登喜和冷凍食品本社のコンクリート製煙突が近く、解体されることになった。60年余り前の建築で高度経済成長のシンボルともいえる存在だったが、安全面も考...

新城で大団扇を背負う「放下おどり」

 高さ3㍍の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「放下おどり」が14日、新城市大海で行われた。  踊りは室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。毎年盆の時期大海地区はじめ、名...

宇部日報社

お盆に合わせて常夜灯を点灯

 盆に合わせて、江戸時代に造られた山口県山陽小野田市刈屋漁港の常夜灯が点灯された。幻想的な光を放ち、船を導く役割を担った当時の面影をしのばせている。20日まで午後8~11時に点灯する。常夜灯は1...

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク