全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

秋サケ到来 水揚げ初日 昨年の1割 大樹

水揚げされたサケ

 十勝管内の主力漁業の秋サケ漁が30日始まった。近づく台風15号の影響で定置網の設置を見送る漁協もあったが、大樹漁協(神山久典組合長)の漁船が管内のトップを切って初水揚げした。

 秋サケ漁は管内3漁協で23カ統の定置網を仕掛ける。大樹漁協はこの日午前4時半ごろに5隻が5カ統に網を設置し、午前11時ごろに再度出港して網を上げた。正午すぎに大樹漁港に戻り、銀色に輝く魚体を次々と水揚げした。

 初日の漁獲量は4、5トンで昨年の1割程度。事前の来遊量予測も昨年実績比24.3%減と厳しく、伊藤浩二専務理事は「初日としては今までにない少なさ」と先行きを心配していた。価格は1キロ当たり平均で、昨年より3、4割高い雄500円、雌1000円だった。

 広尾漁協では4、5日ごろに網入れ、大津漁協は台風の動きなど天候を見て日程を決める。漁は11月まで続く。

関連記事

紀伊民報社

ギネス記録を達成 最大のレーザービーム文章

 和歌山県白浜町内で3軒の温泉宿を運営する「オージャス」(金田紀彦社長)は24日夜、同町椿で運営する温泉宿「XYZプライベートスパ&シーサイドリゾート」前の海岸で、「レーザービームで作った最大の...

荘内日報社

麺恋の 酒田ラーメン巡り旅PR 6月30日まで5店で開催 公益大生が動画撮影協力

 酒田のラーメンに着目したイベント「麺恋(めんごい)の!酒田んめもの巡り旅」が行われ、地元のラーメン愛好者たちを楽しませている。今月23日には市内のラーメン店で東北公益文科大学ラーメン同好会「麺恋の...

十勝の地盤マップ公開 帯広の東成「住宅建てる参考に」

 地盤調査を行う東成(帯広市、花房紀陽社長)は、十勝管内の地盤傾向を検索できる「地盤ファクト」(地盤マップ)を6月1日(予定)からホームページで一般公開する。地域ごとに地盤の傾向を3段階で表記して...

夜の海、幻想的に 大和村 国直沖でサンゴ産卵

 大和村国直沖で20日から、三夜連続でサンゴの一斉産卵が確認された。奄美海洋生物研究会会長で自然写真家の興克樹さん(51)=奄美市名瀬=が撮影した。卵と精子の入った直径0・5㍉ほどの淡いピンク色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク