全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口市の観光人力車存続の危機

市内唯一の観光人力車と山本さん(菜香亭で)

 山口市内唯一の観光人力車を引く、小郡金堀町の山本幸信さん(63)。2011年から6年間、車夫を務めてきたが、左手の不調でサービスを停止している。天花1丁目の菜香亭が管理し、春の風物詩「湯田温泉白狐(びゃっこ)まつり」では、その年のカップルを乗せるなど、観光資源の一つでもあるが、実質的に車夫ゼロとなっている。

 山本さんは退職した57歳の時に、趣味のマラソンで培った体力を生かし、地域の観光客誘致に一役買おうと手を挙げた。12年に市内で行われた、ロンドンオリンピック女子卓球団体の銀メダル獲得を祝うパレードで、石川佳純選手を乗せたことは自慢の一つだ。不調は加齢に伴うしびれだが、今月には手術し、現在リハビリ中。山本さんは「たくさんの人との出会いや、『楽しかった』の一言がやりがい。続けたい気持ちはあるが、若い人に期待したい」と話す。

 人力車は06年10月、JTB協定旅館ホテル連盟山口支部が導入し、菜香亭を運営する「歴史の町山口を甦(よみがえ)らせる会」(歴山会)に委託。まちの魅力を再発見する「アートふる山口」の観光客を乗せたり、桜の季節には一の坂川周辺を巡ったりと活躍してきた。歴山会の藤村成生さんによると、車夫はこれまで、学生や社会人が毎年1~3人いたが、卒業や転居といったやむを得ない理由で辞めた。10年には、安定確保と交流のため「山口車夫倶楽部」が結成されたが、行き詰まりを見せている。

 藤村さんは「意欲ある働き盛りの人や学生がいても、定着は難しい。退職者や女性にも期待しているので、地域の観光のため協力をお願いしたい」と呼び掛ける。

関連記事

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

蒲郡で「オレンジロゲイニング」

 アウトドアスポーツの「蒲郡オレンジロゲイニング」が2日、蒲郡市内で行われた。県内外から129チーム358人が参加した。蒲郡マリンライオンズクラブ(夏目憲行会長)が創立30周年を記念して実行委員会を...

豊川いなり寿司フェスタ作品選考会

 豊川市のまちおこしNPO法人「みんなで豊川市をもりあげ隊」は26日夜、プリオで、12月8日に豊川稲荷で開催される「第10回豊川いなり寿司フェスタ」に備えた出展作品の選考会を行った。  例年は小中学生対...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク