全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口市の観光人力車存続の危機

市内唯一の観光人力車と山本さん(菜香亭で)

 山口市内唯一の観光人力車を引く、小郡金堀町の山本幸信さん(63)。2011年から6年間、車夫を務めてきたが、左手の不調でサービスを停止している。天花1丁目の菜香亭が管理し、春の風物詩「湯田温泉白狐(びゃっこ)まつり」では、その年のカップルを乗せるなど、観光資源の一つでもあるが、実質的に車夫ゼロとなっている。

 山本さんは退職した57歳の時に、趣味のマラソンで培った体力を生かし、地域の観光客誘致に一役買おうと手を挙げた。12年に市内で行われた、ロンドンオリンピック女子卓球団体の銀メダル獲得を祝うパレードで、石川佳純選手を乗せたことは自慢の一つだ。不調は加齢に伴うしびれだが、今月には手術し、現在リハビリ中。山本さんは「たくさんの人との出会いや、『楽しかった』の一言がやりがい。続けたい気持ちはあるが、若い人に期待したい」と話す。

 人力車は06年10月、JTB協定旅館ホテル連盟山口支部が導入し、菜香亭を運営する「歴史の町山口を甦(よみがえ)らせる会」(歴山会)に委託。まちの魅力を再発見する「アートふる山口」の観光客を乗せたり、桜の季節には一の坂川周辺を巡ったりと活躍してきた。歴山会の藤村成生さんによると、車夫はこれまで、学生や社会人が毎年1~3人いたが、卒業や転居といったやむを得ない理由で辞めた。10年には、安定確保と交流のため「山口車夫倶楽部」が結成されたが、行き詰まりを見せている。

 藤村さんは「意欲ある働き盛りの人や学生がいても、定着は難しい。退職者や女性にも期待しているので、地域の観光のため協力をお願いしたい」と呼び掛ける。

関連記事

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

突き出すキノコ氷 上士幌の糠平湖

 氷を載せた切り株が並ぶ、上士幌町糠平湖の冬の風物詩「キノコ氷」が今年もお目見えした。厳しい自然環境が生み出す氷の造形が、釣り人や観光客らの目を楽しませている。  糠平湖は1955年、原生林を...

長野日報社

今季出現「厳しそう」 諏訪湖の御神渡り

 諏訪湖を覆った氷がせり上がる「御神渡り」の判定と神事を担う八剱神社(諏訪市小和田)の関係者は30日朝、氷の状況を確認した。宮坂清宮司(68)は「今の状況だと(今季の)全面結氷は厳しい」と語り、2...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク