全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

駅伝合宿の聖地に 白樺湖畔に記念植樹

湖のほとりにハウチワカエデを植樹する協議会関係者と大学生

 茅野市と北佐久郡立科町の行政や観光業者、住民らでつくる白樺湖活性化協議会は29日、同湖周辺で駅伝合宿中の大学生に合宿の記念にしてもらおうと、フィッシングセンター近くの湖のほとりで記念植樹を行った。箱根駅伝常連校で長年同湖周辺で夏合宿を行う東海大学と山梨学院大学の陸上競技部員が参加。協議会関係者は同湖周辺が駅伝合宿の聖地になることを願い、学生たちは駅伝大会などでの活躍を誓いながら、ハウチワカエデを植樹した。

 準高地の白樺湖周辺は夏を中心に多くの大学陸上部(駅伝)などが合宿する。東海大は30年ほど前から夏合宿を実施しており、今年は中長距離選手18人が26日~9月2日に合宿。山梨学院大は1985年の開学以来毎年合宿しており、今年は8月中旬と下旬、9月上旬の3回に分けて中長距離選手と競歩選手計約40人が合宿する。

 植樹は、学生たちが白樺湖を特別な場所として記憶にとどめてもらいたい-と初めて実施。両大学の選手14人を含む関係者約30人が参加し、高さ約2メートルのハウチワカエデの苗木1本を植栽した。

 協議会長の柳平千代一茅野市長は「安全に合宿できるよう環境整備に努めている」とし、「植樹した木がすくすく大きくなるように皆さんも成長していってほしい」と合宿中の学生に呼び掛けた。

 東海大の両角速監督(51)は「走りやすい環境で良い練習ができてありがたい」、山梨学院大の上田誠仁監督(58)は「走る道は人の思いやりが感じられる。これからもここで合宿を続けたい」と環境整備をする地元に感謝。東海大の春日千速主将と山梨学院大の上田健太主将は、ともに三大駅伝大会などでの活躍を誓っていた。

関連記事

冬、顔出す ニペソツ山初冠雪 上士幌

 17日の十勝管内は平年並みの寒気が北西方面から入ってきた影響で、冷え込んだ。帯広測候所によると、最低気温は上士幌町糠平で氷点下0.4度を記録。東大雪の山には積雪が見られ、冬の到来を感じさせた。 ...

宇部日報社

垂直の庭をライトアップ 臓器移植啓発

 山口市JR新山口駅の南北自由通路に設置されている「垂直の庭」が16日、臓器移植のシンボルカラーの緑色にライトアップされた。やまぐち移植医療推進財団(今村孝子理事長)主催。10月は厚生労働省が提...

釧路新聞社

万一に備えHV車の救助訓練/釧路市消防本部

 いざという時に備え、釧路市消防本部で16日、高電圧バッテリーを搭載したハイブリッド車(HV)の救助活動時の注意点などを学ぶ研修が行われた。ガソリン車、HV車を比較しながら、車両の一部を実際に解...

故郷の歌と踊り楽しむ 在沖白保郷友会が道遊び

 【浦添】在沖白保郷友会(米盛守会長)の「道遊び」が13日、浦添市てだこホール広場で行われ、大勢の郷友とその家族らが故郷の歌や踊りを楽しみながら交流した。  在沖八重山郷友会連合会の半嶺当友会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク