全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

駅伝合宿の聖地に 白樺湖畔に記念植樹

湖のほとりにハウチワカエデを植樹する協議会関係者と大学生

 茅野市と北佐久郡立科町の行政や観光業者、住民らでつくる白樺湖活性化協議会は29日、同湖周辺で駅伝合宿中の大学生に合宿の記念にしてもらおうと、フィッシングセンター近くの湖のほとりで記念植樹を行った。箱根駅伝常連校で長年同湖周辺で夏合宿を行う東海大学と山梨学院大学の陸上競技部員が参加。協議会関係者は同湖周辺が駅伝合宿の聖地になることを願い、学生たちは駅伝大会などでの活躍を誓いながら、ハウチワカエデを植樹した。

 準高地の白樺湖周辺は夏を中心に多くの大学陸上部(駅伝)などが合宿する。東海大は30年ほど前から夏合宿を実施しており、今年は中長距離選手18人が26日~9月2日に合宿。山梨学院大は1985年の開学以来毎年合宿しており、今年は8月中旬と下旬、9月上旬の3回に分けて中長距離選手と競歩選手計約40人が合宿する。

 植樹は、学生たちが白樺湖を特別な場所として記憶にとどめてもらいたい-と初めて実施。両大学の選手14人を含む関係者約30人が参加し、高さ約2メートルのハウチワカエデの苗木1本を植栽した。

 協議会長の柳平千代一茅野市長は「安全に合宿できるよう環境整備に努めている」とし、「植樹した木がすくすく大きくなるように皆さんも成長していってほしい」と合宿中の学生に呼び掛けた。

 東海大の両角速監督(51)は「走りやすい環境で良い練習ができてありがたい」、山梨学院大の上田誠仁監督(58)は「走る道は人の思いやりが感じられる。これからもここで合宿を続けたい」と環境整備をする地元に感謝。東海大の春日千速主将と山梨学院大の上田健太主将は、ともに三大駅伝大会などでの活躍を誓っていた。

関連記事

長野日報社

きょうはお休みです 南箕輪村田畑で伝統行事「盆正月」

 南箕輪村田畑地区で17日、伝統行事「盆正月」が行われた。地域住民が盆休みの延長を求め区長や区長代理、会計、公民館長宅を封鎖。三澤稔区長(71)は、”仕方なく”区役員らに地区事務の休みを通達した...

本物の恐竜化石を修復体験

 恐竜「エドモントサウルス」の実物化石の修復体験が17日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた豊橋市の川﨑さん一家4人が破片の接着などを行った。  修復した化石は、開催中の特別企画展「体感!恐...

紀伊民報社

珍しいウナギの遡上 魚道の壁を進む

 夏の盛り、紀南の河川で絶滅危惧種のニホンウナギの幼魚が遡上(そじょう)している。垂直な魚道の壁に張り付くこともある。  幼ウナギの遡上は、主に夜間に見られ、特に河川が増水した時に多く、県立自...

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク