全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新城市役所に「奇跡のひまわり」設置

奇跡のひまわりのプランターを運ぶ県立新城高校生徒たち=新城市役所で

 国内の震災被災地で花を付けたヒマワリの子孫が今年も新城市内で花を咲かせ、同市役所などに展示された。「奇跡のひまわりプロジェクト」と名付けて栽培に取り組む市民グループは「防災の日(9月1日)にちなんで防災意識を高めるきっかけになれば」との願いを込めている。  奇跡のひまわりは阪神淡路大震災で被災した兵庫県神戸市の少女の自宅跡地に咲いた「はるかのひまわり」がルーツ。東日本大震災被災地でも育てられた後に岩手県大船渡市の中学校から2012年に新城市立千郷中学校に種が渡り、毎年育てられている。  新城市内では昨年4月に花プロジェクトが立ち上がり、こども園や小中学校、高校、JA愛知東で栽培。今年は県立新城高校で1000鉢を育てた。  同市役所はじめ市消防防災センター、豊橋市の県東三河総合庁舎、名古屋市の県庁など7カ所に設置。9月1日まで飾られる。  プロジェクト代表で花店経営の紙谷充昭さん(32)は「咲いたひまわりを見て震災があったことを見つめ直してもらえれば」と話している。

関連記事

長野日報社

赤く染まる横谷観音展望台 紅葉が見頃に

 茅野市蓼科中央高原の紅葉が見頃を迎えた。横谷渓谷を眼下に望め、市街地が遠望できる横谷観音展望台(標高1600メートル)はカエデ類が色鮮やかになっている。  同高原観光案内所によると、最近の...

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク