全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新城市役所に「奇跡のひまわり」設置

奇跡のひまわりのプランターを運ぶ県立新城高校生徒たち=新城市役所で

 国内の震災被災地で花を付けたヒマワリの子孫が今年も新城市内で花を咲かせ、同市役所などに展示された。「奇跡のひまわりプロジェクト」と名付けて栽培に取り組む市民グループは「防災の日(9月1日)にちなんで防災意識を高めるきっかけになれば」との願いを込めている。  奇跡のひまわりは阪神淡路大震災で被災した兵庫県神戸市の少女の自宅跡地に咲いた「はるかのひまわり」がルーツ。東日本大震災被災地でも育てられた後に岩手県大船渡市の中学校から2012年に新城市立千郷中学校に種が渡り、毎年育てられている。  新城市内では昨年4月に花プロジェクトが立ち上がり、こども園や小中学校、高校、JA愛知東で栽培。今年は県立新城高校で1000鉢を育てた。  同市役所はじめ市消防防災センター、豊橋市の県東三河総合庁舎、名古屋市の県庁など7カ所に設置。9月1日まで飾られる。  プロジェクト代表で花店経営の紙谷充昭さん(32)は「咲いたひまわりを見て震災があったことを見つめ直してもらえれば」と話している。

関連記事

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

荘内日報社

致道博物館 30年以上前の落とし物 大切に預かってます

 鶴岡市の致道博物館で30年以上もの間、来館者の落とし物として大切に保管されてきた「ドナルドダック」の縫いぐるみが、ツイッター上で話題になっている。職員の投稿から1週間後の13日午前現在で「いいね」は2...

紀伊民報社

顔認証システムの実証実験 白浜で1月から

 来春から南紀白浜空港(和歌山県白浜町)を運営する南紀白浜エアポートは13日、同空港や町内にあるホテルなどで、顔認証システムの実証実験を来年1月14日から始めると発表した。参加事業所では、利用者...

十勝鹿追そば21日再開 しかめん引き継ぎ

 4月に閉店したそば店「しかめん」(町西町3)が21日午前10時、「十勝鹿追そば」として営業を再開する。事業を引き継いだ町内の建設会社「健勝重建」の相澤政則社長は「再び町民や観光客に愛される店に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク