全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室町出身・矢後 新十両「実感湧いた」 大相撲番付発表

番付表を手に笑顔の矢後関(都内江東区の尾車部屋で)

 9月10日に東京・両国国技館で始まる大相撲秋場所の番付が28日午前発表され、芽室町出身の矢後関(23)=本名・矢後太規(たかのり)、中大、埼玉栄高、芽室西中出、尾車部屋=が新十両に名を連ねた。番付を手にした矢後関は「一番一番を大切に15日間しっかり相撲を取りたい」と決意を示した。

 都内江東区の尾車部屋。いつも通り午前7時に起床し、部屋に届いた真新しい番付表を真っ先に手にした。太い文字で2段目に書かれた「前頭 北海道 矢後」の文字に「うれしい。じわじわと実感が湧いてきた」と“関取デビュー”の心境を語った。

 7月の名古屋場所は全勝優勝し、所要2場所という史上最速タイでの関取昇進。尾車親方からの「けがを心配せず意識して前に出れば大丈夫」との言葉も背中を押し、「番付を駆け上がる」という2月の入門時の宣言を果たした。

 十両昇進で取材や祝賀会も増えたが、休日には体のメンテナンスを欠かさず、186センチ、173キロと体格も安定。尾車部屋では「風」を入れたしこ名を付けるが、当面は「矢後」のまま土俵に立つ。「矢後の名前を全国の人に覚えてもらいたい」と意気込む。

 23日に芽室後援会設立で角界入り後初めて里帰りした。父浩史さん(56)から「感謝の気持ちを忘れず頑張れ」と励ましを受けた。「上がった(昇進した)以上は勝たないと意味がない。まずは勝ち越しを」と語り、「北海道の大相撲を盛り上げたい。力いっぱい頑張るので応援してほしい」と故郷のファンに呼び掛けた。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク