全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

水面すいすい爽快 米代川カヌー体験がシーズンイン

初夏のような日差しの中で始まった米代川カヌー乗船

 能代市のNPO法人二ツ井町観光協会カヌースクールが行っている米代川カヌー体験が、今シーズンも始まった。4日は5㌔、2㌔のツアーに合わせて4人が参加し、初夏を思わせる日差しの中、米代川の水面を滑るように進むカヌー乗船を楽しんだ。
 能代市二ツ井町周辺では七座山の麓を米代川が流れ、きみまち阪付近では奇岩奇石が連なる美しい景色も楽しめるなど、川下りの適地として知られる。同協会は、地元の愛好者でつくる「きみまちカヌー倶楽部」の協力を得て手作りカヌーで川を下る体験コースを行っているほか、旧天神小校舎を活用した「天神工房」でカヌーの製作指導なども行っている。
 今年は1日から2㌔、5㌔、10㌔のツーリングコースが始まった。4日は大型連休を利用して秋田市や県外などから訪れた4人が参加し、今シーズン最初の米代川下りを楽しんだ。
 この日は向かい風が強過ぎたため、5㌔コースは急きょ距離を短縮したものの、参加者は初夏を思わせる太陽の光を浴び、米代川両岸の新緑の鮮やかさを楽しみながら、ゴールの道の駅ふたついを目指してスタート。パドルの扱いにも次第に慣れ、自由にカヌーを操りながら川の流れに乗って滑るように進んだ。
 夫婦で参加した秋田市の会社員、嵯峨徹さん(46)はこれが初めてのカヌー体験。当初は1日に予約していたが、荒天が予想されたためスケジュールを再調整してこの日ようやく乗船できたといい、「風が強かったけれど、その分、体で感じることができた。景色も良くて楽しかった」と、初めての経験を満足そうに話した。
 米代川カヌーは、6月からは道の駅の船着き場エリアで約45分間手軽に体験できる「プチカヌー」も開始される。カヌー体験の申し込み先は、道の駅に隣接する同協会カヌースクール(☎0185・73・5075)。同協会のウェブサイトからも申し込むことができる。

関連記事

長野日報社

立石公園のライブカメラ運用開始 長野県諏訪市

 長野県諏訪市は、諏訪湖を見下ろす絶景スポットの同市立石公園でライブカメラの運用を始めた。広角映像で2カ所にある駐車場まで映し出し、高台にある公園に出掛ける前に駐車場や道路の混雑状況が分かるよ...

紀伊民報社

パンダくろしお出発 世界遺産20周年で観光キャンペーン

 「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録が7日で20周年を迎えるのを記念して、和歌山県やJR西日本などによる観光促進事業「聖地リゾート!和歌山キャンペーン」の出発式が6日、大阪市の新大阪駅であ...

長野日報社

観光客の山麓周遊利便性向上へ 駒ケ根市地域公共交通協がバス実証運行開始 ..

長野県の駒ケ根市地域公共交通協議会は1日、観光トップシーズンに合わせて、駒ケ根高原に点在する観光拠点を巡る「山麓周遊バス」の今年度の実証運行を開始した。観光客らが周遊するのに適した交通システム...

長野日報社

涼やかリボンの金魚つるし飾り 下諏訪の伏見屋邸にお目見え 長野県

長野県下諏訪町東町下の旧中山道沿いにある国の登録有形文化財「伏見屋邸」に、今年も包装用リボンで作った金魚のつるし飾りがお目見えした。色とりどりの金魚が風に揺られて空中遊泳する様が、歴史ある建物...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク