全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ふっくら軟らか 駒ケ根の小ブナ出荷始まる

出荷が始まった小ブナ。新鮮なまま取引店に引き渡した=26日、駒ケ根市

 「秋祭りといえば小鮒(ブナ)の甘露煮」-。上伊那地方の郷土料理に使われる小ブナの出荷が26日、駒ケ根市内で始まった。体長5センチほどに育ったフナがいけすから水揚げされ、生きたまま各地のAコープ店や直売所へ。出荷は地元の秋祭りの日程に合わせて、9月中旬ごろにピークを迎える。

 JA上伊那鮒部会は今期、部会員13戸から約7・5トンの出荷を予定している。同市南割の部会員、吉澤稔さん(79)は約70アールの休耕田で養殖。佐久市の水産試験場で改良した親ブナを仕入れ、5月下旬から休耕田に放した。今年の空梅雨や暑さの影響もなく順調に生育したといい、出荷日が近づいた23日にいけすに移し泥を吐かせておいた。

 雨のなかでの出荷作業となった26日朝、吉澤さんが網で小ブナをすくい上げ、重さを計量した。上流に向かって泳ぐ魚の性質を生かし、休耕田の入水口に設けたいけすに追い込むようにして水揚げした小ブナは生き生きとしており、この日は約130キロを取引店に引き渡した。

 フナの消費は食生活の変化で減っているというが「より良いフナを生産し食文化を守っていくことが部会の指名」と語る吉澤さん。「この品種はふっくらとしていて軟らかくおいしいので、ぜひ食べてほしい。今年も秋がきましたね」と話していた。

関連記事

長野日報社

長野県伊那市産ヤマブドウワイン 上々の味「山紫」発売

 長野県伊那市が特産化を進めるヤマブドウ「信大W―3」を使ったワイン「山紫」の販売が23日から、市内を中心に南信地方の酒販店で始まった。昨秋収獲した果実は質、量ともに良好で、今季は過去最多の143...

“スタミナギフト”「肉丼」開発 帯広物産協会と東洋食肉販売

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

旭山学園自慢の十割そば 清水に17日そば店開店

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

長野日報社

「豊かな香り堪能して」 信州大学農学部でワイン販売

 信州大学農学部(南箕輪村)は14日、学生が昨年秋の実習で収穫したリンゴとブドウを使った2種類のワインの販売を構内の生産物販売所で開始した。ふじを使った「濃厚リンゴワイン」と白ブドウの「ナイアガ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク