全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

人情噺、迫真の演技 「中尾歌舞伎」春季公演 長野県伊那市長谷

迫真の演技をする役者

 長野県伊那市長谷に伝わる「中尾歌舞伎」の春季定期公演が29日、同地区の長谷伝統文化等保存伝習施設「中尾座」で開かれた。中尾歌舞伎保存会が主催しており、新型コロナウイルスの影響により実施は4年ぶり。演目は「人情噺 文七元結」で、親子の情愛や周囲の人たちの優しさを描いた物語だ。約200人が迫真の演技に見入り、盛んにおひねりを投げていた。

 中尾歌舞伎は江戸時代までさかのぼる。太平洋戦争などの影響により風化したが復活し、同市の無形民俗文化財に指定されている。この日はパブリックビューイングを取り入れ、伊那公民館やモバイル公民館でも鑑賞できるようにした。

 物語は、腕は立つが、ばくちと酒で身を持ち崩してしまった左官の長兵衛のため、娘のお久が借金を返済しようと奉公に出る。娘を思い真面目に働こうとする長兵衛だが、盗みの被害に遭った若者・文七にせっかく得た金を渡してしまうという粗筋。

 4歳~60代の11人が出演。家を出た娘を両親が心配したり、文七が金を失って悲嘆したりと切ない場面がある一方、思わず笑ってしまう演出も随所にちりばめられ、観客を引き込んだ。

 70代の女性は「(物語が)分かりやすい演目。演技は素晴らしく、人情とユーモアがあって良かった」と感想。同会の松田元伸副代表は「皆さん待ち望んでくれていたと実感できた。(役者は)出すべき成果をすべて出した」とし、今後も「期待に応えられるように精進していきたい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク