全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

下諏訪本陣岩波家住宅 県宝指定受け通年開館 長野県

通年で開館する下諏訪宿の本陣。当主の間には刀剣や甲冑、皇女和宮が使用した漆器などが並ぶ

 江戸時代に参勤交代の諸大名や日光例幣使、十四代将軍徳川家茂に降嫁する際に皇女和宮が宿泊した「下諏訪本陣岩波家住宅」は、28日から通年の一般公開を始めた。これまでは予約者のみに公開していたが、今年3月の「長野県宝」指定を受け、通年開館を決めた。28代目当主の岩波尚宏さん(51)は「220年守り続けてきた本陣を今後100年、200年と受け継ぎたい。多くの人に知ってもらい、長野県諏訪地方の観光振興につながれば」と話している。

 下諏訪宿は中山道と甲州街道の分岐点に位置し、京都や江戸への交通の要所として栄えてきた。本陣は参勤交代の大名宿泊宿として利用され、明治天皇も休憩された。庭園は”中山道随一の名庭園”と言われ、春はツツジ、初夏のアヤメ、秋の紅葉、冬の雪景色と四季折々の風情を醸し出している。

 予約公開では明治天皇が休憩された「玉座の間」と庭園のみの観覧だったが、一般公開では刀剣と甲冑、和宮が使用した漆器などが並ぶ「当主の間」や江戸時代に使用した茶器や食器、長持ちなどが並ぶ「奥方の間」、古文書を収めた蔵、当時の燃料庫の炭蔵などを見学できる。1年後をめどに厨房などを改修し、茶や甘味の提供も予定している。

 下諏訪町や町観光協会も協力体制を敷いており、周辺の観光施設を巻き込んだ周遊観光も視野に入れている。岩波さんは「当家に伝わる文化遺産や古文書、歴史的背景も活用していきたい。通過型観光から滞留型観光の目玉になれば」と期待している。

 開館時間は午前10時~午後4時。4時以降のイベントも計画している。入館料は一般800円、中学生以下400円。水曜休館だが大型連休中は無休。ホームページも刷新した。問い合わせは本陣岩波家(電話0266・28・7055)へ。

関連記事

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

長野日報社

湖上花火にサイクリングロード JR上諏訪駅が夏の観光誘客ポスター 長野県

JR上諏訪駅(長野県諏訪市)は、首都圏の駅に掲示や表示する夏版の観光誘客用ポスターを2枚作った。1枚は全線開通した諏訪湖サイクリングロードの写真を載せ、もう一方は諏訪湖花火で特徴的な水上スター...

北羽新報社

「ツツジの名所」見頃迎える 能代市の能代公園・きみまち阪公園

 能代市の能代公園と、同市二ツ井町のきみまち阪県立自然公園でツツジの花が見頃を迎えている。ともに今月末まで「つつじまつり」期間に設定、色とりどりの花が園内を彩り、訪れる人たちの目を楽しませ...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク