全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

シーズンの幕開け告げる 中ア開山式 長野県

青空の下、宝剣岳を背にアルプホルンの音色を響かせた中アの開山式

 長野県駒ケ根市の駒ケ根観光協会(会長・伊藤祐三市長)は28日、中央アルプスの開山式を中ア千畳敷(標高2612メートル)で開いた。新型コロナや天候不良の影響で、宝剣岳を望む晴天の下での開催は5年ぶり。神事で山の安全を願い、アルプホルンの音色とともに登山シーズンの幕開けを祝った。

 式典には関係者や一般の登山客ら約70人が参列。駒ケ岳神社の前で遭難者へ黙とうをささげ、伊藤会長ら12人が玉串を奉納した。伊藤会長は、ホテル千畳敷の改装や7月から始まる観光周遊バスの実証実験などに触れて「さまざまな準備や努力が実を結び、コロナ流行前以上のにぎわいがやってくるはず。一層盛り上げていきたい」とあいさつした。

 式典後には、地元のアルプホルン愛好者でつくる「アルプホルン駒ケ根」のメンバー6人が演奏を披露。市PRキャラクター「こまかっぱ」も登場した。

 同協会によると、この日の千畳敷の気温は9.9度(午前9時30分)で、積雪は例年より1メートルほど少ない2.2メートル。雲一つない青空の下、登山やスキーを楽しむ観光客の姿もあった。

 同ホテルを運営する中央アルプス観光(同市)の森部浩昌社長は、テラスの新設などによって「今までより間近で山の迫力を体感できる」とし、多くの来訪を期待した。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク