全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

4年ぶり祝宴 茅野の御座石神社で恒例のどぶろく祭 長野県

どぶろくを入れたコップを掲げて乾杯し4年ぶりの祝宴を楽しむ区民=茅野市本町の御座石神社

長野県茅野市本町の御座石神社恒例のどぶろく祭は27日あった。新型コロナウィルス感染症の影響で、2020年から神事のみを行ってきたが、今回は4年ぶりに祝宴を再開。にぎやかに、どぶろくを酌み交わす区民の姿が再び境内に戻った。約400人が参集した。

同区のどぶろく祭は、記録に残るだけでも今から800年ほど前の鎌倉時代から続くといい、祝宴が中止になったのはコロナ下の今回が初めてではないかという。

市の無形文化財に指定され、古式にのっとって行われるのが特徴で、境内にある醸造蔵でどぶろくが造られ、神前にはどぶろくと鹿肉、ウドが供えられる。

鹿肉をゆでるかまどは近くの上川から丸石を調達して作り、木の板と棒を使ってかまどに入れる火をおしてもいる。

この日は、1~6丁目の各会長のうち3人が代わる代わる棒を両手でもんで手際よく火をおこした。麻に付いた種火をかまどに移し、鹿肉は水の張った鉄なべに入れゆでた。どぶろくの仕込みは1カ月ほど前から始まり、この日までに約1200リットルが出来上がった。

アルコール度数は17度。神事に続いてどぶろく当番長の湯本浩志さん(63)は「今年は辛口にしたいと思っていたが、甘口になった」とし「4年ぶりに区民に振る舞えることに感謝する」とあいさつ。区民は一斉に乾杯して組ごと祝宴を開始した。

2年前に同区に転居し祝宴参加は初めてという4丁目の会社員、田中誠之さん(35)は、初めて味わったどぶろくに「おいしい」と笑顔。「祭りは地域の人たちとより親しくなる、きっかけづくりになる」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク