全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

夏には東京進出も 信州の魅力伝える「アルプス食堂」 長野県伊那市に1号店

南アルプスをイメージした白いのれんが目印の「信州伊那まちアルプス食堂」の1号店

長野県の伊那市中心市街地で飲食店やホテルなどを展開しているはしばコーポレーションは28日、地元・伊那谷や信州の食材を使った料理と酒を提供する居酒屋「信州伊那まち アルプス食堂」の1号店を同市荒井のJR伊那市駅北側にオープンする。信州の魅力を伝える店として全国展開を目指しており、まずは今夏東京に進出する予定だ。

旧伊那谷テイクアウトマーケットの空き店舗を改装した同店は広さ約90平方メートル。南アルプスをイメージしたという長さ約7メートルの白いのれんをくぐると、カウンター席とテーブル席のシンプルな店内が広がり、気取りのない大衆酒場風の雰囲気を演出している。

メニューは、信州福味鶏の山賊焼きや鹿のメンチカツ、おたぐり肉豆腐、信州アルプス牛のステーキなど、ご当地食材を使ったこだわりの味がずらり。ドリンクも信州の地酒約40種をはじめ、県内産クラフトビールやシードル、ウイスキーなどを豊富にそろえている。

全国展開を視野に入れる同社の八木択真代表(44)は「信州の食材をこれだけ集めた飲食店は意外に少ない。各地に出店することで食材の流通や地域産業の底上げに少しでも貢献できれば」と話す。

営業時間は大型連休明けまでは午後5時~11時。大みそかと元日以外は無休。問い合わせは同店(電話0265・78・8547)へ。

関連記事

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

長野日報社

山ぶどうジュース販売 甘味強く濃密な味 信州大農学部

 信州大学農学部(長野県南箕輪村)による「山ぶどうジュース」の販売が21日、構内にある同学部生産品販売所で始まった。同大オリジナル品種「五一アムレンシス」を原料に使用。甘みが強く濃密でこくのある...

北羽新報社

ダンクシュートをパフェで表現 能代市の喫茶店がバスケメニュー発売

 能代市追分町の喫茶店「ORION─3」(藤嶋元店主)が、バスケットボールのダンクシュートをイメージした「ダンクパフェ」を発売した。ボールに見立てた鈴型のカステラやソフトクリームなどで、ダンクを勢...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク