全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

苫小牧にライダーハウス、29日プレオープン

ライダーたちが体を休めながら情報交換や交流を図るための拠点「ライダーハウス苫小牧」が29日、苫小牧市勇払にプレオープンする。立ち上げるのはベテランライダーの関谷勝義さん(58)=さいたま市=。「苫小牧は北海道ツーリングの玄関口。単なる通過点ではなく、楽しく過ごすことができるスポットにしたい」と話している。

苫小牧勇払で念願のライダーハウスを開設する関谷さん

 関谷さんは今年2月、苫小牧港・東港と西港の中間地点にある築48年の木造2階建て一軒家を購入。交流を楽しめるキッチンスペースや男女別休憩室、多目的ルームなどを置くため改修作業を進めた。駐車場は屋外と屋内に用意。テントを張ることができるキャンプスペースも設け、テント設営の練習や装備品の確認をしたい人などに開放する。

 関谷さんがイメージしているのは「北海道に到着した人と帰る人の拠点」。フェリーで夜間に苫小牧入りし明るくなるまで待機したい人や、帰りのフェリーに乗る前に北海道最後の時間をゆっくりと過ごしたい人の利用を想定している。旅を終えた人と、これから旅に出る人が交わることで、有益な情報交換の場にもしたい考えだ。

 関谷さんは16歳でバイクに乗り始め、全国各地を巡りながらライダーハウスの開設を夢見てきた。最近になり「元気なうちにやりたいことをやろう」との思いが強くなり、同じ考えのライダー仲間と四国や九州、西日本などを巡って好適地を探してきたという。

 ”ツーリングの聖地”として人気の高い北海道も候補地と考え、2月に来道。苫小牧を訪れ、「雪が少なくて住みやすそう」と感じた。さらに、苫小牧市が運営していた「モーラップ樽前荘」(千歳市)が3月末に廃止され、このエリアの休息拠点が皆無になったことに着目。「フェリー港を有する小樽や函館にはライダーハウスがある。苫小牧にないなら誰かがつくるしかない」と決断した。

 関谷さんは購入した一軒家に寝泊まりし、本業の運送業を営みながら改修に当たった。ツーリング時に何度も通ったことがある苫小牧だが、「釣りも観光もグルメも楽しめる、いいまちだということを住んでみて初めて知った」と話す。施設利用者にお勧めスポットの紹介や、パークゴルフ、釣りなどレジャー体験の機会提供も構想中だ。

 改修資金を募るため3月にクラウドファンディング(CF)を開始。地元ライダーからも期待や応援の声が寄せられているという。関谷さんは「苫小牧の皆さんにも喜ばれるような施設を目指したい。完成したら、ぜひ遊びに来て」と話している。

 オープンは6月を予定。問い合わせや詳細はホームページ(http://bikestation.co.jp/tomakomai.html)。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク