全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

日沿道 早期開通へ沿線地域さらに連携

新潟・山形県境区間の早期開通に向け沿線地域が決意を新たにした建設促進大会

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)新潟・山形県境地区建設促進大会が24日、新潟県村上市の市民ふれあいセンターで開かれ、朝日まほろば(新潟県村上市)―あつみ温泉間40・8キロの早期開通に向け、沿線地域や関係機関がさらに連携を強めて運動を展開することを誓い合った。大会には新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメンバー3人がゲスト出演し、若い世代にも日沿道の早期全線開通の必要性をアピール。昨年の庄内側に続き、来月には新潟県側で本線工事の起工式が行われることも報告された。

 今年で29回目となった大会は、来年の30回に向けたプレ大会の位置付けで開催し、鶴岡市や村上市をはじめ日沿道の沿線から地域住民ら約800人が参加した。主催者あいさつで、建設促進新潟・山形県境地区期成同盟会長の高橋邦芳村上市長が「全線開通への期待が高まっており、開通後に最も利用する世代にアピールする大会にしたい。早期開通には国の予算確保が重要であり、地域の熱い後押しと協力をお願いしたい」とあいさつし、9月9日に村上市大須戸地区で本線工事の起工式が行われることを報告した。

 国土交通省国土幹線道路部会委員の大串葉子新潟大准教授が「交通ネットワーク形成と地域づくり」と題して基調講演。高速交通インフラは使い切って維持、発展させなければならないとし、「高速道路で結ばれる鶴岡、村上の双方が互いの資源を利用して道路を使い倒すことが重要。開通に向け緊密に連携するための時間が今だ」と提言した。

 引き続きパネルディスカッションがあり、NGT48メンバーで村上市出身の本間日陽さん、秋田県出身の村雲颯香さん、新潟市出身の大滝友梨亜さんの3人がゲスト出演。榎本政規鶴岡市長と高橋村上市長が城下町観光、温泉、グルメについて両市のご当地自慢を行い、いずれも日沿道沿線の出身の3人が両市の魅力について語り合いながらどちらの市を訪れたいか判定するやりとりが繰り広げられた。

 国に要望する▽新潟・山形県境を結ぶ朝日温海道路(朝日まほろば―あつみ温泉間)の早期開通を図る▽地域が真に必要とする道路整備を計画的に推進するための予算を長期的かつ安定的に確保する―などとした大会決議を、期成同盟会副会長の榎本市長が読み上げ採択。最後に参加者全員でガンバロー三唱し、早期開通への気勢を上げた。

関連記事

長野日報社

関東甲信 過去最速梅雨明け 諏訪地方もスッキリ青空 長野県

気象庁は27日、長野県を含む関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。1951年の統計開始以来最も早く、平年より22日、昨年より19日早い。梅雨明けまでの期間は21日と過去最短だった。 ...

紀伊民報社

「野球始めるきっかけに」 元阪神・濱中さんが教室

 田辺市出身で元プロ野球選手の濱中治さん(43)が25日、和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで野球教室を開いた。  濱中さんは5月、野球独立リーグ「和歌山ファイティングバーズ」のゼネラ...

荘内日報社

女子プロレス・ディアナ庄内大会 同郷の井上選手らとタッグ戦

佐藤選手 古里・庄内町で凱旋試合  庄内町余目出身の女子プロレスラー・佐藤綾子選手(36)の凱旋(がいせん)興行「ワールド女子プロレス・ディアナ庄内大会」が25日、同町総合体育館で行われた。メインイベ...

厚真神社お披露目 復旧した姿に笑顔 鎮守の杜マルシェ

胆振東部地震で社務所や鳥居などが大きな被害を受けた厚真神社の復旧をお披露目するイベント「鎮守の杜(もり)マルシェ」が24、25両日、同神社で開かれた。神事の茅の輪くぐりや手水舎(ちょうずや)に花々...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク