全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

彫刻家の藤沢レオさん、北大院生と大学講師両立へ

苫小牧市樽前を拠点に活動する彫刻家藤沢レオさん(48)は4月、北大大学院文学院の文化人類学研究室修士課程に入学して学生生活を始めるとともに、札幌市立大学でデザイン学部の非常勤講師を務める。作品作りの傍ら、研究にも注力。「学びつつ、教えつつの生活になる」と新生活に期待を膨らませる。

新年度から大学院生、大学非常勤講師の二足のわらじを履く藤沢さん

 藤沢さんは虻田町(現洞爺湖町)出身で、道都大学美術学部デザイン学科卒業。1999年に市内錦岡で工房LEOを創立し、2002年に樽前に移転。「生命」をテーマに彫刻、金属工芸などを駆使した作品を手掛けており、1年に2~3回の個展を開いてきた。

 04年には若手芸術家グループ「樽前arty」を設立。アートイベントやワークショップ、出前講座を重ね、13年に「樽前arty+」に名称変更した。

 大学院進学を視野に入れ始めたのは、モエレ沼公園(札幌市)で個展を行った21年7~8月ごろ。展示品の中にオニグルミの木を使った作品があり、自分で木を切り倒すところからやってみよう―と石斧作りから始めたことがきっかけになったという。

 石器から鉄器の時代に移り変わり、「道具の発達で人々の暮らしがつくられ、今の世界があると思った」と藤沢さん。「命を大きな枠で捉えたとき、その中に人々の生活や暮らしがあると感じた」と話す。

 以降、「模刻シリーズ」と銘打ち、土器や矢尻、漁労道具などを制作。いつしか「自分の活動と地域や個々人の暮らしがアートを通じて、どうつながっているのか研究したいと思うようになった」と語る。

 友人らに相談する中で、同文学院人文学専攻文化多様性論講座の文化人類学研究室を勧められたといい、昨年5月から定期的にゼミに参加。他の学生の研究発表を聞くうちに、研究意欲が高まっていったという。

 2月にオンラインで行われた口述試験に合格。アーティストやアートが地域にどう影響を及ぼしてきたかを約20年間のフィールドワークの実績を踏まえ、まとめる予定だ。

 藤沢さんは「アーティストの作品を見る側の勉強にもなる」と強調。「多文化共生や博物館学など自分の活動に近い授業も多い。学部から学んでいる学生との間で知識に大きな差があるので、同じ土俵で議論できるよう頑張りたい」と意気込みを語る。

 4月から札幌市立大で前期は週1回、講師も務める。2年ほど前から誘いがあり、昨年10月に引き受けることを決意。公募で選ばれた。藤沢さんは「材料加工理論実習1」などを担当予定で、「(学生との両立で)頭の整理を付けるのが大変そう」と笑う。

関連記事

豊川の匹田さんが8月1日にセブ島で留学アカデミーを開校

 フィリピンのリゾート地セブ島で、豊川市赤坂町の匹田美由紀さん(45)が、短期留学が可能な留学アカデミー校「オガールイングリッシュアカデミー」を8月1日に開校する。異文化体験を通して、考える力...

釧路新聞社

赤ちゃんの成長願い「泣き相撲」【釧路市】

 厳島神社(菊池吉郎宮司)例大祭最終日の14日、子供の健やかな成長を願う「赤ちゃん泣き相撲」が同神社で行われた。釧路管内から生後6カ月~2歳半の赤ちゃん60人と保護者が参加し、元気な泣き声を境内に...

長野日報社

国道361号の電柱地中化完了 長野県伊那市高遠町

 長野県伊那市高遠町の商店街「ご城下通り」に林立していた30本余りの電柱と電線がなくなり、広い空とそぞろ歩きが楽しめる城下町の景観がお目見えした。県伊那建設事務所が2016年度から進めていた国道...

荘内日報社

夏山登山者迎えるニッコウキスゲ 月山8合目

 鶴岡市羽黒町の月山8合目付近に広がる弥陀ケ原で、夏の訪れを告げるニッコウキスゲが見頃を迎え、多くの草花と共に登山客の心を癒やしている。  弥陀ケ原は月山の標高約1400メートル地点にある日本有数...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク