全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

アイヌ民族の魂伝える 三浦綾子読書講演会【釧路】

 三浦綾子読書講演会の第27回「三浦綾子と知里幸恵」が25日、鳥取キリスト教会(釧路市鳥取大通6)で開かれた。アイヌ民族として生きた知里幸恵と、同じ女学校の19年後輩である三浦綾子は、共に旭川市で生きたクリスチャン。そんな2人の生涯を、三浦綾子文学館特別研究員の森下辰衛氏がひもといた。

 主催は日本メノナイト鳥取キリスト教会。講師の森下氏は、知里幸恵と三浦綾子の人生を年表にし資料として提供。この中で三浦が書いた「塩狩峠」の主人公・長野正雄の殉職事故についても表記され「長野と幸恵はどこかですれ違っているはず」と想像を膨らませた。

 森下氏はさらに、幸恵が優秀な成績で旭川区立女子職業学校に合格し、金田一京助にその才能を見出され上京。アイヌ民族の魂を伝えた金字塔「アイヌ神謡集」の完成に心血を注ぎ、原稿校正を完成させた1922年9月18日夜、心臓まひで急逝したその人生を、クリスチャンとしての信仰も織り交ぜながら紹介した。

 最後に森下氏は「三浦は先輩である幸恵を敬愛していた。ただ和人がアイヌ民族のことを書くことはいけないことと銘じていた。私は三浦が幸恵のことを書き残していれば、きっと分かりやすく素晴らしい幸恵論が生まれたに違いないと思っています」と締めくくった。

同じ女学校の先輩後輩である知里幸恵と三浦綾子の人生をひもといた森下氏

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク