全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代松陽ナイン帰郷、夏再び甲子園へと誓う

出迎えた保護者や教職員らに感謝を伝えた能代松陽ナイン(能代市緑町で)

 センバツ甲子園に初出場し、28日の3回戦で強豪・大阪桐蔭に惜敗した能代松陽の選手たちが29日、帰郷した。能代市緑町の同校駐車場で教職員や保護者らに出迎えられた「NOSHO」ナインは、たくさんの応援に感謝するとともに、今夏に再び甲子園の舞台に立つことを誓った。
 大阪から空路で帰郷の途に就き、秋田市の秋田空港からバスで移動、午後5時40分ごろに同校に到着した。駐車場では書道部員の櫻庭日来さん(1年)と池田月さん(同)が書き上げたばかりの幅約5㍍、縦約1㍍の横断幕を掲げたほか、教職員や部員の保護者、地域住民ら約40人がタオルを振ったり拍手を送ったりして選手らを出迎えた。
 整列後、選手を代表し大高有生主将(2年)が「日本一を目指してやってきたが、大阪桐蔭戦では1点差で負けてしまって悔しい。これからの練習は、課題の打撃でしっかり振り込んでいく。夏にしっかりリベンジできるように、もっと強くなり、日本一になれるように頑張る」と力強く語った。保護者らは「お疲れさま」「夏に向けて頑張っていこう」とねぎらいの言葉を掛けていた。
 テレビで試合を観戦した池田さんは「最後まで粘り強く戦う姿に感動した。今は『お疲れさまでした』と伝えたい」と話した。
 工藤明監督は取材に「選手が掲げた目標を達成できず悔しい。次の練習で行うミーティングで、目標と課題をはっきりさせ、選手たちが再度日本一を目指す目標を決めた時は、そのサポートをしていく」、エースの森岡大智(同)は「大阪桐蔭との試合は、点差以上の差を実感する試合だったが、球場に駆け付けてくれた皆さん、テレビで応援してくれた多くの方の応援が大きな力になった。日本一の目標を夏に達成できるように練習を頑張っていきたい」と語った。
 選手たちは2年連続の夏の甲子園出場を目指して、きょう30日に練習を再開する。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク