全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖マラソン10月22日 定員は6500人 長野県

約4000人が出場した昨年の諏訪湖マラソン。今年は定員6500人で実施する

 秋の諏訪湖畔を駆け抜ける第35回諏訪湖マラソン(長野県、諏訪地方6市町村、長野日報社で構成する諏訪圏健康推進協議会主催)は10月22日、長野県諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーを発着点とするハーフマラソンコース(21・0975キロ)で開かれる。長野県民先行枠は5月15日から、一般枠は6月1日からインターネットによる申し込みを開始する。

 3年ぶりに実施した昨年は新型コロナウイルスの影響を考慮して定員を4000人に減らしたが、感染者数が減っていることを受けて今年は6500人(県民枠1500人、一般枠5000人)に増やした。

 県民先行枠は5月15~25日、一般枠は6月1~30日、インターネット専用サイト「RUNNET」で受け付ける

 ただし、一般枠についてはネットによる申し込みが難しい場合、6月1~8日の間に郵送で受け付ける(8日の消印有効)。専用の申込用紙に必要事項を記入し、大会事務局に送る。

 いずれも定員に達し次第、期日を待たずに締め切りとなる。参加費は7000円(税込み)

 大会は諏訪湖浄化や湖周道路の整備、観光振興を目的に1989年に開始。湖周の景色が楽しめて、起伏の少ない走りやすいコースとして知られる。新型コロナの感染状況により、事前の健康チェックや証明書の提示をしてもらう場合がある。

 大会に関する問い合わせは〒392-8611、長野県諏訪市高島3-1323-1、諏訪湖マラソン大会実行委員会事務局(電話0266・52・8665)へ。

関連記事

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食...

紀伊民報社

梅咲く山道を駆ける みなべで「梅の里トレイルラン」

 和歌山県みなべ町の高城、清川地域で18日、山道を走るトレイルランニングの大会「梅の里トレイルラン2024」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれた。ミドル(27キロ)と5年ぶりに復活した...

長野日報社

ソリ人間、霧ケ峰滑走 初のコンテスト 長野県諏訪市郊外

 長野県諏訪市郊外の霧ケ峰スキー場で17日、自作のそりと仮装で競い合う「霧ケ峰ソリ人間コンテスト」が開かれた。市民有志でつくる「霧ケ峰Act」が霧ケ峰の活性化を狙いに初めて催し、親子を中心に県内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク