全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ばんえい十勝 名馬五頭 引退セレモニー

引退セレモニーが開かれたブチオと関係者

 ばんえい十勝は19、20の両日、帯広競馬場で今年度限りで引退する5頭の引退セレモニーを開いた。5頭は余生を繁殖馬、種牡馬として過ごす。

 引退するのは、ブチオ(牡10、今井茂雅調教師)、アーティウィング(牝6、坂本東一調教師)、フォルテシモ(同)、キタノユウジロウ(牡8、村上慎一調教師)、マツカゼウンカイ(牡9、松井浩文調教師)。

 ブチオは2015年5月17日デビュー。通算成績250戦32勝。胴体と四肢に白い“ぶち”を持つ愛らしい見た目と力強い走りで、約8年間、アイドルホースとして多くの人々から応援を受けた。

 アーティウィングは19年7月22日デビュー。通算成績91戦18勝(うち重賞1勝)。フォルテシモもアーティウィングと同日にデビュー、通算成績101戦15勝(同1勝)。

 互いにライバル馬として切磋琢磨(せっさたくま)しあい、22年の「ヒロインズカップ」では2頭が激闘を繰り広げ、フォルテシモが1着でゴールイン。ファンを最終盤まで楽しませた。

 キタノユウジロウは17年6月4日デビュー。通算成績132戦25勝(同4勝)。数多くの重賞に出走し、22年の「帯広記念」では背後から迫るメジロゴーリキを振り切って勝利。熱いレースを見せた。

 マツカゼウンカイは16年4月23日デビュー。通算成績174戦36勝(同1勝)。18年の「はまなす賞」では4頭の一団を差し切り、悲願の重賞制覇を果たした。

 セレモニーで5頭は調教師ら関係者とパドックに登場。ファンからは「今までありがとう」などの温かい声が贈られた。

 ブチオのセレモニーに訪れた、留萌管内手塩町の主婦品田麻奈美さん(39)は、ブチオの写真を多数あしらった自作のうちわを持参して見守った。「最終レースはあと少しというところで2着に終わってしまったが、そこもまた愛らしい。ブチオの子どもができたらまた応援していきたい」と話していた。

関連記事

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

釧路新聞社

エゾイソツツジが見頃 硫黄山の麓で大群落【弟子屈】

 【弟子屈】硫黄山の麓で大群落が広がるエゾイソツツジの花が満開となり、見頃を迎えた。酸性の土壌という厳しい環境下でも、小さくてかわいらしい白い花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませている。また、...

釧路新聞社

海岸漂着物 釧路管内30㌧ 22年度、根室は18㌧

 釧路、根室地域における海岸の良好な景観と環境の保全について協議する「釧根地域海岸漂着物対策推進協議会」が14日、釧路総合振興局で開かれ、ウェブ参加を含めた約40人の出席者が、海岸漂着物の処理...

長野日報社

富士見町と原村でロケ 映画「悪は存在しない」 諏訪シネマズに認定 長野県

長野県の諏訪地方観光連盟は14日、富士見町と原村を主要ロケ地として撮影され、ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受けた映画「悪は存在しない」を「諏訪シネマズ」に認定した。出演俳優の小坂竜士さん(38...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク