全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ばんえい十勝 名馬五頭 引退セレモニー

引退セレモニーが開かれたブチオと関係者

 ばんえい十勝は19、20の両日、帯広競馬場で今年度限りで引退する5頭の引退セレモニーを開いた。5頭は余生を繁殖馬、種牡馬として過ごす。

 引退するのは、ブチオ(牡10、今井茂雅調教師)、アーティウィング(牝6、坂本東一調教師)、フォルテシモ(同)、キタノユウジロウ(牡8、村上慎一調教師)、マツカゼウンカイ(牡9、松井浩文調教師)。

 ブチオは2015年5月17日デビュー。通算成績250戦32勝。胴体と四肢に白い“ぶち”を持つ愛らしい見た目と力強い走りで、約8年間、アイドルホースとして多くの人々から応援を受けた。

 アーティウィングは19年7月22日デビュー。通算成績91戦18勝(うち重賞1勝)。フォルテシモもアーティウィングと同日にデビュー、通算成績101戦15勝(同1勝)。

 互いにライバル馬として切磋琢磨(せっさたくま)しあい、22年の「ヒロインズカップ」では2頭が激闘を繰り広げ、フォルテシモが1着でゴールイン。ファンを最終盤まで楽しませた。

 キタノユウジロウは17年6月4日デビュー。通算成績132戦25勝(同4勝)。数多くの重賞に出走し、22年の「帯広記念」では背後から迫るメジロゴーリキを振り切って勝利。熱いレースを見せた。

 マツカゼウンカイは16年4月23日デビュー。通算成績174戦36勝(同1勝)。18年の「はまなす賞」では4頭の一団を差し切り、悲願の重賞制覇を果たした。

 セレモニーで5頭は調教師ら関係者とパドックに登場。ファンからは「今までありがとう」などの温かい声が贈られた。

 ブチオのセレモニーに訪れた、留萌管内手塩町の主婦品田麻奈美さん(39)は、ブチオの写真を多数あしらった自作のうちわを持参して見守った。「最終レースはあと少しというところで2着に終わってしまったが、そこもまた愛らしい。ブチオの子どもができたらまた応援していきたい」と話していた。

関連記事

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク