全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

外国人富裕層を奄美へ 観光庁が誘客モデル観光地に選定

奄美大島を訪れた国際クルーズ船のツアー客。モデル地域選定で、今後の訪日外国人増が期待される=23日、鹿児島県奄美市名瀬

 観光庁は28日、海外から訪れる富裕層を地方に誘客するため、奄美・沖縄エリア(鹿児島県、沖縄県)など国内の11地域をモデル観光地に選定したと発表した。アフターコロナにおけるインバウンド(訪日外国人客)の本格的な回復を見据え、集中的な支援を講じて地方での旅行者1人当たりの消費額増につなげる。県関係では鹿児島・阿蘇・雲仙エリア(鹿児島県、熊本県、長崎県)も選ばれた。

 同庁は2022年度、「地方における高付加価値なインバウンド観光地づくり事業」のモデル観光地を公募した。選定された地域の自治体や観光地域づくりに取り組む法人などを対象に、富裕層向けの宿泊施設の設置や観光コンテンツの開発などを支援する内容で、新型コロナウイルス禍前まで大都市圏に集中する傾向にあった消費単価が高い外国人観光客の買い物消費を、モデル地域を通じて地方の観光地にも分散させる狙いがある。

 県は観光資源や滞在価値があるとして、奄美群島12市町村を含む県内1市9町2村をモデル観光地とするよう申請。奄美については、奄美ブルーと世界北限のサンゴ礁の海、アマミノクロウサギなど多種多様な希少動植物の生態系が織り成す環境でかけがえのない体験ができるアイランドリゾートとして推薦した。

 モデル観光地選定を受け塩田康一知事は「(奄美は)独自の生態系、暮らしに息づく環境文化などといった部分を、それぞれ売り(高付加価値旅行者のニーズを満たす滞在価値)として申請した。各エリアを高付加価値な観光地として磨き上げ、誘客促進に官民一体となって取り組んでいく」とのコメントを出した。

 また、奄美群島広域事務組合管理者の安田壮平奄美市長は、モデル観光地選定に感謝した上で「多様で個性ある奄美群島の自然、歴史、文化などは国内外の観光客にとっても魅力的な地域の宝。保全、活用し域内の経済循環を図り、持続可能な観光地域づくりを推進することが重要。国や県とも連携して取り組む」とした。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク