全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「沖永良部の近現代」考察 鹿大・地域シンポ 地域振興に向けた提言も

学生によるポスターセッションもあった地域シンポジウム「沖永良部の近現代」=27日、鹿児島県和泊町

 鹿児島大学法文学部付属「鹿児島の近現代」教育研究センターは27日、和泊町役場結いホールで地域シンポジウム「沖永良部の近現代」を開催した。鹿大の学生と研究者が近代以降の沖永良部島にまつわる人物、産業、食材などさまざまな分野の研究成果を発表。島バナナを生かした新たなビジネスモデルの構築や定住外国人の起業促進による島の経済活性化などの提言もあった。

 同センターでは県内でもいち早く近代化が進んだとされる沖永良部島に着目し、さまざまな調査研究を行っており、地域をテーマとしたシンポジウムは初めて。法文学部准教授の澤田成章ゼミと共催した。

 前半は澤田ゼミの学生が研究成果を発表。テーマは養豚が失われた歴史的背景、公用車の効率的・効果的マネジメント、少人数小中学校が抱える課題と今後の調査計画など。発表後にテーマごとのポスターセッションもあった。

 後半は4人の研究者が登壇。西村知教授は沖永良部島に定住しているフィリピン人を取り上げた。労働、ビジネスの特徴として「人間関係をうまく構築しながら生計活動においていろんなカードを切っていく『ディスカルテ』。具体的な現象形態が多様な職種に就労し生計活動を行う『生業複合』や島、全国のフィリピン人を対象とした小規模ビジネス『ディアスポラビジネス』」と分析。

 ディアスポラビジネスの例として、島に住むフィリピン人に対するフィリピン料理の仕出しや関東を中心としたキャッサバ、パパイアなどの販売を挙げ、「外国人の島への『同化』を促すだけでなく、外国人の起業促進が島の経済活性化につながる可能性がある」とした。

 このほか、「和泊町学校給食センターの島内産品使用の実態と構造的問題」「沖永良部出身の医師たち」「一色次郎調査報告」をテーマとした発表があった。

 「鹿児島の近現代」教育研究センターは2022年10月設立。センター長の丹羽謙治教授はあいさつで「鹿児島の近代の歴史を研究しつつ、現代の諸課題を解決するためのプロジェクトを行っており、その幾つかは沖永良部が舞台。今後もよりパイプを太くし、学生を送り込んでいきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク