全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「沖永良部の近現代」考察 鹿大・地域シンポ 地域振興に向けた提言も

学生によるポスターセッションもあった地域シンポジウム「沖永良部の近現代」=27日、鹿児島県和泊町

 鹿児島大学法文学部付属「鹿児島の近現代」教育研究センターは27日、和泊町役場結いホールで地域シンポジウム「沖永良部の近現代」を開催した。鹿大の学生と研究者が近代以降の沖永良部島にまつわる人物、産業、食材などさまざまな分野の研究成果を発表。島バナナを生かした新たなビジネスモデルの構築や定住外国人の起業促進による島の経済活性化などの提言もあった。

 同センターでは県内でもいち早く近代化が進んだとされる沖永良部島に着目し、さまざまな調査研究を行っており、地域をテーマとしたシンポジウムは初めて。法文学部准教授の澤田成章ゼミと共催した。

 前半は澤田ゼミの学生が研究成果を発表。テーマは養豚が失われた歴史的背景、公用車の効率的・効果的マネジメント、少人数小中学校が抱える課題と今後の調査計画など。発表後にテーマごとのポスターセッションもあった。

 後半は4人の研究者が登壇。西村知教授は沖永良部島に定住しているフィリピン人を取り上げた。労働、ビジネスの特徴として「人間関係をうまく構築しながら生計活動においていろんなカードを切っていく『ディスカルテ』。具体的な現象形態が多様な職種に就労し生計活動を行う『生業複合』や島、全国のフィリピン人を対象とした小規模ビジネス『ディアスポラビジネス』」と分析。

 ディアスポラビジネスの例として、島に住むフィリピン人に対するフィリピン料理の仕出しや関東を中心としたキャッサバ、パパイアなどの販売を挙げ、「外国人の島への『同化』を促すだけでなく、外国人の起業促進が島の経済活性化につながる可能性がある」とした。

 このほか、「和泊町学校給食センターの島内産品使用の実態と構造的問題」「沖永良部出身の医師たち」「一色次郎調査報告」をテーマとした発表があった。

 「鹿児島の近現代」教育研究センターは2022年10月設立。センター長の丹羽謙治教授はあいさつで「鹿児島の近代の歴史を研究しつつ、現代の諸課題を解決するためのプロジェクトを行っており、その幾つかは沖永良部が舞台。今後もよりパイプを太くし、学生を送り込んでいきたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク