全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

徳川家ゆかりの品30点 長野県諏訪市の貞松院で4月8日特別公開

徳川家ゆかりの品を収蔵する貞松院の山田住職と特別公開のチラシ

 長野県諏訪市諏訪2の貞松院(山田雄道住職)は4月8日、所蔵する宝物を特別公開する。徳川家康の六男松平忠輝ゆかりの品を中心に、茶道具や古九谷の大皿など約30点を本堂と庫裏に展示する。尺八の一種で織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に伝わった一節切銘「乃可勢」を模して作られた「秋声」の演奏が午前11時から本堂で行われる。奏者は都山流大師範の両角粋山さん。

 忠輝の墓所でもある貞松院は、数多くの遺品を守り伝える。特別公開では、家康が忠輝に与えた乃可勢をはじめ、忠輝が大坂夏の陣で使ったとされる陣羽織や陣太鼓、加賀前田家から忠輝に贈られた古九谷の大皿、天海僧正が忠輝にあてた書状(いずれも市指定文化財)、忠輝公肖像画などを展示する。

 このうち古九谷の大皿は「加賀の白山」が描かれ、「江戸時代の所有者が特定できる古九谷は他にはない」と言われる絶品。15年秋に石川県加賀市で開かれた展覧会にも特別出品された。江戸時代に民衆や大名から熱狂的な支持を集めた徳本上人の書「大字名号」の掛け軸や、初代高島藩主諏訪頼水に嫁いだ貞松院の遺品なども展示する。

 特別公開は2017年以来。NHK大河ドラマ「どうする家康」で家康に注目が集まる中、徳川家ゆかりの品々を拝観したいという声に応えた。山田住職は「文化財が地元にあることを知っていただく機会になればうれしい。樹齢400年のシダレザクラとあわせて見ていただければ」と話している。

 入場無料。時間は午前10時~午後4時。駐車場は国道20号沿いにある教念寺駐車場が利用できる。翌9日には吉川忠英さんの夜桜ギターライブ(諏訪ポピュラー音楽協会主催)もある。

 特別公開の問い合わせは、貞松院(電話0266・52・1970)へ。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク