全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

徳川家ゆかりの品30点 長野県諏訪市の貞松院で4月8日特別公開

徳川家ゆかりの品を収蔵する貞松院の山田住職と特別公開のチラシ

 長野県諏訪市諏訪2の貞松院(山田雄道住職)は4月8日、所蔵する宝物を特別公開する。徳川家康の六男松平忠輝ゆかりの品を中心に、茶道具や古九谷の大皿など約30点を本堂と庫裏に展示する。尺八の一種で織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に伝わった一節切銘「乃可勢」を模して作られた「秋声」の演奏が午前11時から本堂で行われる。奏者は都山流大師範の両角粋山さん。

 忠輝の墓所でもある貞松院は、数多くの遺品を守り伝える。特別公開では、家康が忠輝に与えた乃可勢をはじめ、忠輝が大坂夏の陣で使ったとされる陣羽織や陣太鼓、加賀前田家から忠輝に贈られた古九谷の大皿、天海僧正が忠輝にあてた書状(いずれも市指定文化財)、忠輝公肖像画などを展示する。

 このうち古九谷の大皿は「加賀の白山」が描かれ、「江戸時代の所有者が特定できる古九谷は他にはない」と言われる絶品。15年秋に石川県加賀市で開かれた展覧会にも特別出品された。江戸時代に民衆や大名から熱狂的な支持を集めた徳本上人の書「大字名号」の掛け軸や、初代高島藩主諏訪頼水に嫁いだ貞松院の遺品なども展示する。

 特別公開は2017年以来。NHK大河ドラマ「どうする家康」で家康に注目が集まる中、徳川家ゆかりの品々を拝観したいという声に応えた。山田住職は「文化財が地元にあることを知っていただく機会になればうれしい。樹齢400年のシダレザクラとあわせて見ていただければ」と話している。

 入場無料。時間は午前10時~午後4時。駐車場は国道20号沿いにある教念寺駐車場が利用できる。翌9日には吉川忠英さんの夜桜ギターライブ(諏訪ポピュラー音楽協会主催)もある。

 特別公開の問い合わせは、貞松院(電話0266・52・1970)へ。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク